スキンケア対決「時短」VS「丁寧」

30過ぎの雑なケアはブスの素

職業柄肌の状態には敏感です。

わりとここ数年のワードで「時短」っていうのがありますが、時間をかけてあげたほうが肌は綺麗になります。

(きついことを言うと、「時短」っていう言葉の安っぽさが好きじゃない。)

化粧水も適当につけるのではなく、手のひらできちんと押し込みます。ハンドプレスというテクニックです。化粧水には浸透剤なんて入ってないので、物理的な圧力で浸透させないと肌内部に入りません。

しっとりしたなと思った時に、さらに駄目押しで化粧水を押し込みます。そして肌表面の水分がなくなってからクリーム系のものを使います。

肌表面の化粧水と混ざると乳化現象が起きて、クリーム本来の性能が引き出せない可能性があるからです。一つ一つ丁寧にケアしましょう。

基本的にいろんなことが早ければ早いほど良いとされる世の中ですが、自分の身体に対するケアに関してはゆっくり丁寧に、静かな気持ちで臨むのがいいと思います。

ここらで何を使えばいいのかという話になりがちですが、自分が憧れてるひとの真似をするのが一番早いしやる気が出ます。オリジナルなんて信用しない。綺麗な人の真似をしてください。

僕は神崎恵さんを信じてます。