【ベース調整】BB434の弦をブリッジ通しに変えてみた感想

スポンサーリンク

BB434の弦を変えてみました。理由としては裏通しとブリッジ通しの違いを検証するためです。我が434はどちらもいける機体です。

最近ベース弦の裏通しはサスティン的に不利説が割とよく上がってますね。

「裏通しも、ブリッジ通しもできるんだ!すごい!」

なんてよく分かってないまま喜んでいた僕としては、

「え…良くないの…?」

なんて少し悲しい気持ちにはなりましたが、事実を確かめなければ何とも言えません。というわけで裏通ししている我がBB434の鳴りやサスティンを検証してみる事にしました。

BB434といえばYAMAHAさん独自のストリングスルーボディー構造を採用しているモデルですが、裏通しの角度が45度になっており、通常の裏通しよりも角度が緩いため、弦振動ロスが少ない構造になっている…はずなんですけど。

今回張り替えたのは定番のダダリオですが、カーボン入りとかいうちょっといいやつにしてみました。

アマゾンさん高いな。。。

僕は楽器屋さんで買いましたよ。箱の裏とか見たかったので。次回はサウンドハウスかな。

45−100のセット。105か悩みましたが、あまり太いとテンションが強くなってしまう気がしたのでやめました。通常のダダリオでもよかったのですが、あまり頻繁に変える方ではないので、たまにはちょっといいやつを的な発想ですね。

スポンサーリンク

結論

結論から言うと僕にとってのブリッジ通しは

・テンションは明らかに変わる
・サスティンはそこまで違いを感じなかった
・ボディの振動は弱くなる

ということになりました。では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

明らかに変わったテンション

フィンガリングが楽に

テンションは変わりました。特に1弦や2弦の9フレット付近のテンションの違いが顕著で、この辺りのフィンガリングが楽になった気がします。テンションが強いとそのぶん弦の高さを低くできるというメリットがありますが、指板アールの関係もあってあまり2と3の弦は低くできないんですよね。押弦に関しては、やはりテンションが弱い方が楽ですね。

心配だったのは、4弦のテンションでした。弦が暴れてびびったり、指に引っかかる感じになって2フィンガーがやりにくいのでは?という不安がありましたが、そんなことは一切ありませんでした。

サスティンはそんなに変わらないのでは

サスティン的に不利と言われている裏通しですが、ブリッジ通しもそんなに明らかに変わるほどサスティンが長くなった感じはしませんでした。ピック弾き、指弾き、スラップといろいろやってみましたが、そんなに影響はないように思います。(聴く人が聴いたら違うのかもしれませんが・・・)

サスティン的なことが気になるのであれば、ブリッジか裏かでこだわるよりも、エフェクターとか、音作り的なところで工夫をした方がわかりやすい結果が出るんじゃないですかね。やってないのでちょっと自信ないんですが。

ボディの振動は弱くなります

ボディの振動は素人の僕でもわかるくらい弱くなりました。
裏通し時は4弦の2フィンガーでもボコボコ腹に振動が伝わってきていたんですが、ブリッジ通しにしてからそれが無くなりました。(多少は振動しますが)

結構4弦を鳴らしてる時のあのボボボーっていう振動の感じは好きだったので、それがなくなったのは少し残念ですね。

弾きこんでいくとボディが鳴るようになっていっていい音になるという説もあるんですが、それを楽しみにしている人は裏通しにしたほうがボディの成長性は高いのかもしれません。個人的にはボディの成長は楽しみなので次回は裏通しを採用しようと思ってます。引き込んで自分ふだけの一本を育てるのも楽しみの一つですからね。

総評

押弦のスムーズさや楽さを取る人はブリッジ通しを採用してもいいように思いました。弦振動もするはずなので、ロングトーン多用型やピッキングニュアンスを細かくコントロールする人はブリッジ通しがオススメです。
逆にテンション強めでタイトな音作りをしたい人や弦高を低くしたい人、ピック弾きでゴリゴリ刻む人なんかは裏通しで張ってもいいんじゃないですかね。

ハイブリッドもあり?

次回弦を張るときは、3、4弦だけ裏通しして、1、2弦はブリッジに通すといういいとこ取りな貼り方をしてみようと思います。弦の裏のテンション表を見てみたら、意外と3、4弦の張力は弱いんですよ。ここだけちょっと張ってみてもいいのかなと。実際にやってみるといろんなことが浮かんできて楽しいですね。

とりあえずしばらくはダダリオ弦を楽しもうと思います。

次は僕が信頼しているリチャードココのステンレスですかね。

ちょっと先にはなりそうですが。張り替えたらまた感想書きます。

BB434ベース機材

貴重なお時間いただきありがとうございます。是非シェアしてください!
スポンサーリンク
考察白書

コメント

タイトルとURLをコピーしました