【エルデンリングプレイ日記29】古騎士イシュトバーンと暮れなずむライリーを倒しに行こう 暮れなずむって何だろう

スポンサーリンク
エルデンリング日記

火山館のボスからの指令が来たぞ。古騎士イシュトバーンを始末しろだと〜!手紙とはまた回りくどい。まあ、会話だと確認しづらいから手紙の方がいいか。現実世界でも文字で残しておいたほうが何かと安心だしな。

ん?ミストバーンみたいな名前だな。

スポンサーリンク

vs古騎士イシュトバーン

けっこう火力が高いイシュトバーン。なんか、引き寄せの法則みたいな魔法も使ってきて厄介だ。これが重力魔法というやつか。なるほど、だが…

ギーザの車輪の餌食になりなぁ!

と思ってたら初戦惨敗。

大振りだけど装備の関係で強靭弱いからな。

というわけで安定のハルバードに持ち替え!霜踏みと遠距離槍チク攻撃の餌食にしてやったぜ。ジャンプ攻撃は隙だらけだな。

フフ…やったぞ…思いしったかイシュトバーンめ…

しかし、思ったよりルーンがしょぼいなあ・・・

防具一式が良かったから良しとするか。

鱗シリーズ?

vs暮れなずむライリー

暮れなずむってどういう意味なんだろう。

地図で確認すると、ちょっと行きにくい場所だったけど無事侵入。

クロスボウの威力が高いので、接近戦のほうが逆に安全かもしれない。

フフフ…やったぞ…これぞ英雄の道だ!

ハルバードはやっぱり使えるね。

車輪はもう少し練習しないとつかいこなせないな。

車輪とグレクラの練習しないと。そろそろ火力面に不安が…