【ハンターハンター人物考察】ツェリードニヒの能力と人格について考察しよう

スポンサーリンク
ハンターハンター考察

ジャンプ最新号(2022 11/17現在)ではツェリードニヒの学生時代の友達が登場しました。今現在念を習得中のツェリードニヒですが、彼の能力や人格、今後どうなっていくのかを考察します。

スポンサーリンク

ハンターハンター ツェリードニヒ考察

ツェリードニヒ考察 最後はどうなる?

ツェリードニヒはハンターハンターの作中でもかなり邪悪な部類の悪役です。彼と比べると、あのメルエムでさえもまだましに見えてくるから不思議です。

そんな悪役がのうのうと生きていくとは考えにくいですね。(大量にプレイヤーがりをしていたゲンスルーも生きているので、悪人だからといって必ずしも死ぬわけではありませんが)

ツェリードニヒが死ぬ、と仮定すると、

  • 王位継承戦において、他の王子との確執によって死ぬ
  • クラピカに殺される
  • エイ=イ一家に殺される
  • 友達に殺される
  • その他の理由で死ぬ
  • 幻影旅団に殺される

この辺りの理由が思い浮かびます。

ツェリードニヒ考察 念能力はどう使う?

今のところ明らかになっている能力は、未来予知能力ですね。まあ、世間一般的にはキングクリムゾンたと言われています。個人的にもその通りだと思います。

ジョジョのキングクリムゾン(エピタフ)と違う点を挙げるとすれば、発動条件に「絶状態で目を閉じる」という条件が加わることと、予知を見ている10秒間は現実世界では刹那の一瞬である、という点です。

作中ではツェリードニヒの先を読む頭の回転の速さは早い段階から強調されていましたが、それが念能力によって更に強化されたような能力ですね。

そして絶状態を継続している限りは予知で見た未来の通りにしか皆動けないのですが、ツェリードニヒ本人だけがその予知と違う行動を取れるわけです。これもキングクリムゾンと非常に似ています。

キングクリムゾンに関しては、ぶっ飛ばした時間をディアボロ以外の全ての人間は認識できないのですが、ツェリードニヒの場合は予知した分の10秒間を認識する事さえできないということです。

これは「時が飛んだ」という感覚がない分キングクリムゾンより厄介かもしれません。

ジョジョでは血の跡が急激に増えた瞬間を見逃さない事で時が飛んだ事実に気付けるのですが、ツェリードニヒはそうもいきません。ある意味まぼろしを見ていたかのような錯覚に陥ります。

こう考えると、10秒間異なる世界線に飛べる、という事でもあり、ちょっと話を飛躍させると10秒間時を止めているのにも近い感覚になります。(厳密には違いますが、戦闘という場面においての10秒は時止めに匹敵する脅威でしょう)

ツェリードニヒ側からすると、「未来を予知できることに気付かれない」「何秒分の予知が可能か把握されない」「未来予知の条件がバレない」ということが重要です。未来を何秒予知できるのかを把握されてしまうと非常にまずいのです。

キングクリムゾンもそうですが、未来予知の能力者は暗殺に弱い。そして広範囲一斉攻撃の前ではかなり厳しい戦いになります。

極端な話、10秒間の未来予知をしていたとしてもフランクリンのダブルマシンガンを全て避けきることは難しいと思いますし、ゼノのドラゴンダイブを全てかわすことも難しいでしょう。モラウのディープパープルの波状攻撃を10秒間かわし続けることも難しい。絶では守護霊獣も消えますからね。

ただ、この王位継承戦という特殊な環境下では非常に強力な能力だと言えます。

ツェリードニヒ考察 身体能力は如何ほどか?

描写的にはそこそこ筋肉質な体型であり、かつて通っていた学校が軍の士官学校的なところだとすると、そこそこの戦闘能力はありそうです。

ツェリードニヒ考察 人格についての考察

人格については言わずもがなですが、人体の収集や人体の解体を趣味にしているあたり快楽殺人者の類です。

ただ、最新号では「持って生まれちまった性質なんだ」という表現があります。

そうせずにはいられない性質

ちょっと吉良吉影に近いのかもしれませんね。

ツェリードニヒ考察 周りとの関係性を考察

テータちゃんには「彼は念など習得してはいけない人物」と評されています。

側近なども彼のことをどう考えてるかは具体的な描写はありません。ただ、殺人が趣味のような(しかもそれをあまり隠してる様子はない)男ですから、周りもそれを肯定はしないのでしょう。ですが一国の王子であり、王族殺しは極刑です。誰も止められない。

ただ、おそらく純粋な悪で誰からも嫌われるタイプではなさそうな感じもします。

特に今回登場した学生時代の友人たちは、友人だからこそ「それでいいのかよ?」という疑問も持ち合わせてるようなので、友達だからこそ止めたい、という思いも透けて見えます。

ツェリードニヒ考察 彼は結局王になれるのか?

なんとなくですが、王にはなれないような・・・

個人的にはチョウライあたりが生き残りそうな気がしてますが、こればかりはヒントが少なすぎてなんとも言えません。

ツェリードニヒ考察 クラピカと対峙した際どうなるか?

ツェリードニヒが念能力者である事をクラピカが把握しているか?というのが鍵になりそうです。

遠距離であれば守護霊獣が警戒してますし、近距離であれば未来予知によるカウンターが成立します。クラピカがエンペラータイムで対峙したとしても果たしてジャッジメントチェーンを刺すことができるのでしょうか・・・

ツェリードニヒ考察 他の王子との関係性は?

ベンジャミンとは仲が悪そうですが、他の王子とも対して仲良くはなさそうです。若干第五王子と話をする場面はありますが、他の王子と仲良くしてる描写はありません。

ツェリードニヒ考察 まとめ

最終的に気になるのは、「誰がツェリードニヒの命を奪うのか」「どんな流れで奪うのか」という点になりそうです。

他の王子なのか、クラピカなのか、友達なのか、テータなのか、ヒンリギさんなのか、サカタなのか・・・・