動画で学び、アプリで診断するのが普通になってきた話

最近は動画で勉強をする人が増えてきました。〜の方法みたいなのはYouTubeで検索したらたくさん出てきます。しかもその内容がけっこうクオリティが高い。これは考えてみたら当たり前の話ではあるのですが、内容のクオリティが高いという事は再生数や拡散される可能性が高まり、結果その動画による広告収入が増えるわけですからね。単純な再生数稼ぎやPV稼ぎではないのでこれはすごくいい事だと思うのです。

仙台リビングという地方新聞情報誌みたいなものがあるのですが、これに「〜教室」「〜 講座」みたいなものがたくさん載っています。見ると受講料が10000円を超えてたりとなかなか攻めた内容なのですが、果たしてこれがどのくらい受講者がいるのやら気になります。対面式の講座はしっかり指導してもらえるのがメリットですから、そこがしっかりしていれば価値は生まれると思いますが・・・

今は肌の診断や骨格診断もアプリとカメラで出来ちゃいます。某化粧品メーカーのアプリを僕も試してみましたが、けっこう精度が高くて驚きました。こういう自分でやってみる診断は第三者のオススメが絡んでこないのが気楽にできます。基本的にすべての診断(特に美容系、健康系)はその後の購買に繋げるための手段である事が多いので診断してもらう時はある種の覚悟が必要になってきます。あれが嫌な人も多いはずなのでこういうアプリはこの先もっと流行ると思います。

こういったものを有効活用して自分の事をより深く知っておくと、変な広告戦略に巻き込まれずに済みます。是非活用を。