【エルデンリングプレイ日記37】巨人たちの山嶺に到達するが、巨人に歯が立たない

スポンサーリンク
エルデンリング日記

前回は無事に忌み王、モーゴッドを集団リンチでボコボコにした回でした。

というわけで、封印されていた霧的な所を抜けて、いよいよ巨人たちの山嶺に到達です。(禁域の卑兵達にビビリまくってたのはここだけの話。というか、ケイリッドの卑兵よりも獲得ルーンが少ないですね。どういうことなのでしょうね。)

思い返せば、ボスを倒さなければ先に進めない!というポイントはここが初めてのような気がします。極端な話、マルギットやゴドリック、レナラ、ラダーンに関してはスルーしてここまで来ることもできるということですね。

ただ、大ルーンを手に入れたりステータスの振り直しができるという意味では完全スルーで進むよりもちょいスルーしてから戻ってボスたちをボコボコにするというプレイもありかもしれません。

きょくたんな話をすれば、武器を振るわなくても鍛石は手に入るし各地に黄金のルーンも落ちています。スカラベも主要な奴を倒して戦技さえゲットできれば余裕を持って攻略することもできそうです。

中ボス勢に関して言えば、「欲しい装備がある」場合に倒せばいいかな〜くらいのノリですので、無理して倒さなくてもいいですからね。ちょっとまとまったルーンがほしいなくらいのときに洞窟に潜ればそれで良さそうです。

スムーズに駆け抜けるためにもメイン装備の必要能力値だけ確保して、あとは全て生命力に振っても良さそうです。キャラの作り直しをするならこの作戦で行こうかな。

スポンサーリンク

巨人たちの山嶺を駆け抜ける

雪の降り積もる山嶺ですが、いよいよモブも相手をするのがキツくなってきてしまいました。ノロノロと歩いてる巨神はもちろん、そのへんで群れをなしているワンちゃん達もえげつない攻撃を仕掛けてきます。

プレイ時間八十時間を超えてやっと気付いたのですが、基本駆け抜けと探索を終えてから攻略に取り掛かるのが最善手のようです。

そしてボスと戦ってから今の段階で数をこなせば勝てるのか、各種強化が必要なのかを判断します。

エルデンリングはゲームバランスも絶妙で、僕のような下手くそプレイヤーでもレベルを上げれば勝てるようになっております。素晴らしいですね。

コメント