お風呂に溶かすマグネシウムの効果がすごかった

スポンサーリンク
健康アイテム
DEATH STRANDING®_20200101233557

突然ですが、マグネシウムの効果って知ってますか?

マグネシウムは高校の化学で習って以来、あまり馴染みのない化学物質ですね。なんとなくミネラル分であることは想像がつきますが。

一般的には歯や骨の元として体内に摂取することが一般的ですが、マグネシウムには他の使い方もあるのです。

水に溶かす

マグネシウムにはタンパク質と水分をくっつける働きがあるそうです。

人間の肌はタンパク質なので、お肌の保湿に役立つということですね。

そのためいつも使っている化粧水に溶かし込むと保湿力がアップします。

実際に溶かし込んだ感想としては、化粧水のとろみがアップして非常に肌がしっとりします。(多少べたつく感じもするので、夜使うのがオススメです)

そして、僕が初めて知った使い方は、マグネシウムをお風呂のお湯に溶かし込んで入浴するというもの。マグネシウム風呂ですね。

非常に高い保湿効果により、肌がしっとりします。僕の息子の身体が乾燥しがちなので(アトピーの疑惑がある)、入浴で肌が潤うのは非常に嬉しいです。

他にもお風呂のお湯に溶かし込むと湯冷めしにくい、しっかり汗が出るといった効果もあるので、お風呂好きにはたまらない効果ですね。

塩素除去効果

水道水には消毒のための塩素が混じっているのですが、この塩素を除去する効果もあるそうです。これも肌のためには嬉しい効果ですね。

洗顔にも

洗面器のお湯に溶かし込めば、朝の洗顔から顔を保湿することができます。(温度は34度洗顔を推奨します)

簡単に言えば保湿全般に使えるということです。

気になるお値段は

ここまで説明を聞いて、「高いんだろうなぁ」なんて僕も思っていましたが、以外と安かったんですよね。そして手に入りにくいのかと思いきやなんとアマゾンで買えちゃうという。

お風呂に溶かし込んで使うもよし、少しずつ化粧水に溶かし込んで使うもよし、毎日の洗顔に使うもよしです。保湿は顔だけではなく全身の問題です。これが入浴と同時に行えるなんてお手軽ですね。

僕も美容情報は集めているほうですが、これは初耳でした。

こういうキレイになれる情報は貴重ですね。どんどん集めて発信していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました