デスストランディング プレイ日記1 ???

2019年12月27日

発売からしばらく経ちますが、デスストランディングを買ったのでプレイ日記書きます。健康にも血流にも関係無いけど、まあ趣味の一環なので気にしないでもらえるとありがたいです。

とにかく???な状況から世界に入り込んでいく

主人公サムが置かれている状況や、世界の状況が???な状態でスタートするので、最初は頭に???しかつかないのですが、徐々に状況がわかってくるので、その感じが小島監督の作品という印象。謎を残しつつも、ムービーが長いのでだんだんと事情は飲みこめてきます。

大塚さんの声と井上さんの声で安心する

このゲームは全く新しいものですが、大塚明夫さんと井上喜久子さんのおかげなのか、すごく安心感があります。なんていうか、スネークとザ・ボスが味方でいてくれてるような気分です。

かなり細かいゲームシステム

荷物の装備箇所や左右のバランスなど、かなり細かいですね。とりあえず、転ばないように歩くのが難しい。地形や滑りやすさをこんなに意識したゲームは初めてですね。

いつもの癖で力技に頼ってしまった・・・

今日はミュールの拠点から荷物を回収するところまでやったのですが、隠れて回収ではなく、結局殴って気絶させるという武力行使に出てしまいました。。

メタルギアの時は遠くからの麻酔銃プレイでしたしね。今回は割と武闘派プレイになりそうな予感がします。

以外と1ミッションが長い

一つの配達任務が以外と長い。行きはヨイヨイ帰りはシンドいパターンもしばしば。これは毎日少しづつプレイすることになりそうですね。コツコツやるのも好きなので、これは嬉しいです。

まとめ

やったことの無い新ジャンルのゲームをやってる感じで楽しいです。

この日記も一緒に更新できたらなと思います。