【エルデンリングプレイ日記2】 忌み鬼、マルギット 句読点付いてるボスって初めて? ってか、相当な実力者だぞあいつは・・・

スポンサーリンク

プレイ時間が8時間あまりになりましたが未だに忌み鬼、マルギットを倒せてません。ほとんどアイテム探索に時間を費やしてるせいではあるのですが…

前回の記事はこちら→エルデンリングプレイ日記 その1 素性は放浪騎士 アイテムは鍵を持ってスタート!

 

スポンサーリンク

とりあえずマルギットが倒せない

個人的にはガスコイン神父より難敵

最初のボスといえばガスコイン神父が有名ですが、個人的には彼よりも強い気がします。フロムソフトウェアって何で一発目のボスをこんなに強くするんですかね…

中途半端に優しくされるよりはマシですけどね。

僕はダクソシリーズのファンですが、実力はさほどではありません。100回以上挑んでフリーデとアリアンデルをやっと倒したくらい。(ゲール爺あり)未だにボルドとか牛頭のデーモンに負けますよ。動画の人たちってなんであんなにうまいんでしょうね。

今回のボスの難易度は、なんとなくブラボの難易度に近い気が。

体力半分くらいからのボスの攻撃がエグいというか。戦略が間違ってるとあっさりやられます。

そんなに動作が俊敏であるだとかいやらしい攻撃を仕掛けてくるわけではないマルギットですが、まあ硬いというか…行けるところが多い分、強化もできるよね?っていうことなんですかね。

デカいハンマーを具現化してくるあたりからスタミナが持たなくなってくるんですよね。なにげにマルギットは強化、放出、具現化の系統をバランスよく使いこなす相当な実力者

遠距離、近距離、技の重さ、バリエーション、耐久性と、こいつはホントに序盤のボスなのか!?と思う強さですわ…

そこで探索、強化に走る

いろんなボスと戦ってみましたが、こちらの攻撃はリーチ的にとっても不利ですね。懐に飛び込めば何とかなるというわけでもない奴らが多いイメージです。

シリーズにおける万能武器のロングソードですが、今回はちょっと悩みますね。火力が低いので一発あてて離脱するヒット&アウェイの戦法が取りづらい。

放浪騎士を選んだせいもあって防具がフル装備でセットできません。頭から足先までフル装備するとローリングがドッスンになってしまい、機動性に欠けてしまいます。馬に乗るときはいいかもですが・・・

マルギットは一撃が重い上に連撃を使ってくるので、今のスタミナではガードが崩されてしまいます。フル装備してもダメージカットは雀の涙…これはもう脱ぐしかないのでしょうか?

とりあえず大剣を探すことにする

というわけでシリーズの定番武器である「クレイモア」を探す旅に出ました。

クレイモアはオンスモを破った信頼できる武器ですから・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました