adidas パルスブーストHDで走ってみた感想

2019年12月7日

adidasのパルスブーストの感想記事です。もともとスニーカーとして使おうと思って買ったのですが、せっかくなのでランニングをしたらどんな感じになるのか実際に走って試してみました。

いきなり結論!

足に問題が無く、そこそこいいペースで走れる人向きだと思いました。

正直言うと、クッション性はそんなに高くないと思います。ふかふかする感じではないですね。あんまり初心者向けではないかも。何キロを何分のペースでとか、そういった専門的なことはよくわからないのですが、少なくとも僕のようなスロージョギング的なノリの人や、膝や足首、足の裏などになんとなく不安がある人のランニングにはもう少し適したシューズがあるのかもしれません。ここからは各要素の感想を書いていこうと思います。

クッション性とソールの感じ

このHDは同じアディダスのウルトラブーストに比べると硬いらしいです。でもそこそこのクッション性はありますね。ただ、かかと部分のクッション性がやや硬く感じました。走っててかかとが痛みやすい人や、足裏が弱い人にとっては少し着地した時の衝撃が気になってしまうと思います。普段走るところがアスファルトなどの硬い地面で、クッション性にこだわる人は気をつけたほうが良いと思います。

ソールの感じはやや湾曲している形。かかとの部分が丸くなっているので、ややスピードに乗った時の着地感が滑らかです。逆にスピードに乗ってないと、バランスが崩れやすいかもしれません。底のゴムはグリップ力があり、滑りが少ない。いざという時に止まりやすい。結構地面の感覚が伝わってくるので、足裏や指の感覚を大事にする人にはオススメです。

急な切り返しに対応した都会派ランナー向けというコンセプトがあるらしいのですが、まさにそんな感じです。

フィット感と通気性

ぴったりフィットするのでフィット感は抜群です。通気性も良かった。伸縮性もあるので、足の形が幅広の人も圧迫が少ないと思います。

気になることがあるとすれば、足首の周りが柔らかい分脱ぎ履きはしやすいのですが、足首をがっちりホールドする感じではないので、足首を捻らないように注意したほうがいいと思います。

インソールもぼこぼこしてるわけではないので、つるつるした靴下だと少し滑るかもしれません。気になる人は滑り止め付きのランニングソックスがおすすめですね。

10月21日追記 通気性の良さが寒くなったらどうなるんだろうと思っていたのですが、なんとパルスブーストHD ウィンターライズドという冬用モデルがが登場しました。冬場が心配な人はチェックして見てもいいかも)

比較対象はMIZUNO

ちなみにランニングシューズとしての比較に関してはMIZUNOのウェイブライダーというランニングシューズと比較しています。買った時の感想はこちら

ウェイブライダーは僕の幅広の足に合わせて買ったランニングシューズです。ゆっくり走る事を想定してかかとのクッション性や安定性を重視して選んでいる。これと比べているからパルスブーストのかかとや安定性がが気になるということもあると思います。

まとめ

文句なしに軽く、性能もいい優秀なランニングシューズです。ただ、ランニングシューズとして買おうと思ってる人は、しっかり自分の足や実力を見直した上で買ったらいいと思います。万人にお勧めできるアイテムではないですが。

見た目はかっこいいし、ランニングウェアともバッチリ合う。すごくいいシューズだと思います。

ランニングはもちろん、日常使いにもオススメです。