ノートを何冊も持ち歩くのは重いので結局モレスキンノート一冊にした

2019年11月9日

ノート三冊も入ってたら重すぎて持ち歩けなーい

仕事の会議やミーティングで使うモレスキンノートとスケジュールやその日の感想が書いてあるジブン手帳、アイデアを書きなぐるためのでっかいノートの三冊を持ち歩いておりました。しかし冒頭でも書いた通り重いんですよね。

中でも一番重いのがモレスキン。ページが多いので当然です。一番前のページを開いてみたら2017って書いてるんです。2年使ってるけどまだ使い終わってないというね。だったらこれ一冊でいいんじゃないかと。

2年経ってもこれくらいきれい

モレスキンのメリットとデメリット

メリットは圧倒的ページ数と、カバーが丈夫なことですね。これなら数年使える。デメリットはやや高価なことでしょうか。

有効活用のための策

僕は癖で結構大きく字を書いて、余白を多くとりがちなので、可能な限り余白はとらないようにしてます。(時々一行ぐらいしか書かずに次に行くことも・・・』行間が詰まっててわかりにくい場合はマーカーや色ペンでわかりやすくします。後でページめくりまくるより楽ですし、見直すことを考えたらその一手間は有効かと思うので。

そして今のところはペンはジェットストリームの0.5が相性がいいですね。

これで重さが減って楽になります。あとは後で見やすくする工夫が必要ですね。

(2019.10.2現在 ノートはロジカルエアーを導入)