【時間術】1日30分の健康タイムをどうやって捻出するか

スポンサーリンク
身体の健康

時間の使い方はどんな人にとってものすごく大事なのですが、その時間の使い方がもったいない人がいる。

無意味なSNSとどうでもいいネットサーフィンがその代表ですね。そんなことをしているから痩せたくても痩せられない。睡眠時間が減って朝起きれないとか言い出すのです。

そうなるくらいならさっさと寝たほうがいいのです。睡眠に関しては睡眠に関する本がいろいろ出ているのでそちらを読んで貰えばいいのですが・・・

ここで聞きたいのは自分の身体のケア、心のケアにいったい1日何分かけているのかということです。

体や心を鍛えることや、勉強して何かを覚えることなんかは時間かお金をかけなければいけません。ただ、世の中のほとんどの人はお金より時間をかけたほうが都合のいい人が多いはずなんです。ということは時間を捻出することが大事になってきます。

何分捻出すべきなのか?その内訳は?

これは完全な個人的な意見ですが、

朝15分、夜15分の、トータル30分をひねり出すことがスタートです。

朝起きた後の15分と帰宅後に着替えた後の15分がお勧めです。とにかく15分。

筋トレやストレッチ、ヨガや瞑想、ランニングなど、健康にいい活動はたくさんありますが、意外とまとめて時間を取るのは難しいものです。

逆に、最初に時間さえ確保してしまえばあとはそれをやらざるをえない。

ん?

ついつい動画やテレビを見てしまうって?

馬鹿野郎〜!!

それが都合よく搾取されているということに気づかないのか!!

頑張れるのは今しかないのです・・・

健康じゃなくなったり、歳をとってからじゃできないことはたくさんあります。

まずは30分、動画やSNSから離れて自分と向き合ってみましょう。

身体の健康
スポンサーリンク
ぜひブックマークしてください。ツイートも大歓迎です。
SNSフォローボタン
ネバピポをフォローする 更新通知が受け取れます
不定期ピポ日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました