【実写版岸部露伴は動かない】4話から6話の注目ポイントを放送直前考察!細かすぎてどうでもいい?いや、そこを考察するのが楽しいんだよぉぉぉ

スポンサーリンク

日本には数多くのジョジョファンがいると思いますが、群平に注目しているのは僕だけだと思ってます。そんな当サイト管理人が実写版の見どころを解説します!

キャストからのエピソード予想は大幅に外しましたけどね。仕方ないですね。まさかアニメ化されてるやつが二つ含まれるなんて思わなかったんですもの・・・

岸辺露伴は動かない 実写ドラマのエピソードはなんなのかをキャストから予想しよう

スポンサーリンク

実写版岸部露伴の見どころを考えよう

第4話 ザ・ランの注目ポイントは?

ザランは派手な演出こそないものの、橋本陽馬の異常性が露伴をもビビらせる話になってます。露伴も執念深い性格ではありますが、橋本はガチでヤバイですからね・・・アンジェロがまだマシに思えるくらいの異常性ですよ。

岸辺露伴は動かない ザ・ラン 考察感想

個人的な実写化注目ポイント

まず、比較的登場する時間が長そうなミカちゃん。早坂ミカだったかな。ミカちゃんを誰が演じてどのように演じるのかに注目しています。橋本は口数も少なく割と淡々としている印象ですので、ミカちゃんの演技力が問われます。

あと配達人沢木ね。あの人マジで可哀想だからな・・・ミカちゃんが置き配指定してれば死ななくて済んだんだよなぁ。芸人の誰かがやりそう。

筋トレのインストラクターの再現性も個人的には楽しみですね。

第5話 背中の正面の注目ポイントは?

原作ではチープトリックというスタンドと闘う話ですね。岸辺露伴シリーズではなく、ジョジョ本編での話です。原作では乙雅三は割とあっさり死んでしまって、露伴とチープトリックの知恵の出し合いみたいな雰囲気になるのですが実写化はどうなるのでしょうか。

あまりにも早く乙雅三を退場させてしまうと、市川猿之助の無駄遣いになってしまいます。ですので話の半分くらいは「いかにして露伴が背中を見るのか」という話になりそうです。ヘブンズドアーで背中を見るのはかなり反則なので、家の構造なんかを利用するのでしょうが、どうなんでしょうね。

見どころガイドによると、「背中がかゆいっ」のくだりとチンピラ横断歩道はありそうです。振り返ってはいけない小道もありそうですね。康一くんの役どころを泉にやらせる感じですね。

最後の「見せてあげるよ・・・フフフ・・・」の時の高橋さんの顔がどれぐらいヤバイ表情になるかが注目です。

チープトリックを原作とどう変えてくるのか?

おそらくですが、チープトリック自体がCGで再現されることはなさそうです。服の中に「何か」がいるような描写になりそうです。

となるとチープトリックは声だけの出演になりそうですが、誰がやるんでしょうか。寺田心くんとかがやるんですかね〜

「ヤクでも買いに行くのか?」は是非削らないで欲しいですね。

第六話 六壁坂 の注目ポイントは?

原作では大郷菜穂子がメインです。露伴は最後にちょろっと妖怪に出会うだけですからね。ドラマでは大郷家に露伴が上がりこんでるっぽいシーンがありましたね。ヘブンズドアーは発動すると倒れちゃいますから、一般人に使うなら密室がベストなんですよね。

誰も注目していないかもしれない個人的な注目ポイント

六壁坂の注目キャラクターはなんと言っても郡平ですよ郡平!

「何!」の釜房郡平です。彼は一体誰が演じることになるのか!?あのゲームやってる庭師の郡平をどう表現するのか?それだけが楽しみで仕方ないんですよねえ〜

六壁坂に登場する釜房群平について考察しよう

見どころガイドによると、金髪坊主の原作のイメージとはかなり違う感じでした。もうこれでもかってくらいイキッた若者にして欲しかったんですけどね。見た目は黒髪でしたが、短時間の登場シーンで「イキッた感じ」「調子のいい感じ」「修平さんをバカにした感じ」を表現できるのかが鍵ですね。

あとはまあ、NHKドラマでどれくらい群平を出血させるかが個人的な見どころです。

まとめ

去年もそうでしたが、ある意味原作を超えているような改変を入れてくるのが実写ドラマの特徴です。去年で言えば「一休のマナー違反指摘こそがマナー違反」「ヘブンズドアーで実際の本になる演出」なんかは大変素晴らしい改変でした。

今回も大郷菜穂子の衣装が違ったり、乙雅三がリゾート会社勤務だったりといろいろ期待できそうな改変箇所があります。

もうすぐ放送ですね。楽しみに待ちましょう!!

タイトルとURLをコピーしました