ハンターハンター 396話 結成② ネタバレ感想 ついに過去編にノブナガが来た!そしてクリンレッドの見た目が完全に…

クロロが吹き替えをしたビデオの上映会がやってきたぞ!

先に結論を書くのでこの先ネタバレ注意です。

ハンターハンター 395話 結成➀  ネタバレ感想  旅団の過去とキレイなクロロ

スポンサーリンク

ハンターハンター396話 ネタバレ感想

こんな過去があったなんて知ったら旅団にちょっとは肩入れしてしまいますよね。まさか旅団の由来が劇団というところから始まって、ウヴォーの夢が世界一の悪役だと…?

そりゃあウヴォーやられてノブナガもキレるわって話だし、旅団内で揉めるわって話ですよ。まあ、むしろウヴォーがやられた時にあれだけ感情をむき出しにしてるのがノブナガさんだけっていうのもね。他のメンバークールすぎないか?マチとか・・・まあ、長い年月も経ってるからかな。

この辺りの話を読んでからヨークシン編をみるとまた違った見方ができそうです。

この一連の流れを見てると、ゴンも流星街出身だったら間違いなく旅団だなって気もします。ノブナガが勧誘したのはそのせいもあるかな。まあ、もう一つ理由はありそうだけど。

ハンターハンター396話 あらすじ

クロロとパクノダ、シーラ、サラサが吹き替えたビデオの上映会が開かれることになりました。フィンクスはお菓子配り担当。サラサいわく根は優しいから大丈夫らしい。ここでサラサが最年少であることが判明。皆の事実上の末っ子の妹って感じかな。

上映が始まるが、途中で音声テープが止まってしまう。

そこでクロロは映像に合わせてリアルタイムで演技を始めた…!

男役を全てクロロが演じていたことに皆が驚く。そして感心する。その中でも一番感動してたのはウヴォーだった。

上映後、ウヴォーとクロロは和解する。そして吹き替えというよりは映像に合わせてのリアルタイム演技を皆でやることになった。

劇団という雰囲気でまとまっていく。そんな中、「旅団」というワードが出てくる。旅の一味って感じかな〜といったのはノブナガ。

そんな中、サラサが一人でテープを探しに行く。そこには不穏なマフィアの影が…

ハンターハンター396話 考察

まずサラサが死ぬのは間違いなさそうです。なんかなあ・・ここまでいいキャラなのに確定でひどい目にあうんだろうなっていうのが理解っちゃうのが長年読んでて辛いところではありますよね。

冨樫先生の描き方だと、おそらく来週はサラサが死んだ後の時系列から始まるはずです。

どんな状態でサラサが発見されるのかはわからないですが、少年ジャンプで表現できないような状態であることが予想されるので、おそらくは文字の表現になるでしょう。それかクロロの表情で表現されるか。仙水の時もそうだったかな。

そこでクロロやウヴォーなどの旅団メンバーが子供ながらにマフィアに報復をするのか、激しい怒りや絶望と共に世界の悪役になることを決意するのか、どんな展開になるかはわかりません。ですがこの一件がクロロを闇落ちさせる事件になることは間違いなさそうです。

スキルハンターの解釈

クロロの演技力

いろんな考察サイトでも語られてましたが、クロロの演技力が注目されています。

クロロの才能が「役を使い分けられる演技力」だとするとスキルハンターも盗んだ念を引き出して使うというよりは、盗んだ念を解析し、高度な演技力によって再現するという捉え方をすることができます。

作中でクロロが脚本をかいてオリジナルの劇にする案が出ていましたがクロロはそれを却下しています。あくまでも元ネタがあって、それを再現することに長けているというのがクロロの本質で、オリジナルで何かを創造するのが得意ではなさそうです。

スキルハンターに反映されているクロロの性格

これがクロロのスキルハンターの制約の一つに影響を与えている気がします。

スキルハンターは持ち主が死ぬと本から消えて使えなくなる。

これはオリジナルが存在しない以上、クロロがそれを再現することができない。という解釈をしていいと思います。

これまで持っていた幻影旅団=盗賊団から

幻影旅団=劇団

そしてその団長がクロロ

という視点の変化が、この先の印象にどう影響するのでしょうか。

カタズケンジャーのクリンレッドについて

クリンレッドは非常にビジュアルがゴンに似ています。(口調はジンっぽい)先週号はそこまでゴンに似てる印象は無かったんですが、今週号は完全にゴンですね。

ノブナガがゴンを旅団に入れたがっていたのは、子供の頃の憧れだったクリンレッドを仲間にしたかったからなのかもしれません。

カタズケンジャーのクリンブルー

ロン毛のござる口調のクリンブルー。これをノブナガさんがやりたいって言ってるんだけど、これの影響であんなサムライみたいな人になったのかなノブナガさんは…

僕はマチ、ノブナガあたりは日本みたいな国の出身なだけかと思ってましたが、ノブナガさんはヒーローにあこがれてキャラ作りをしたということになります。

なんか、ノブナガさんピュアすぎるだろ。十数年円でイジっててゴメンナサイ。

ウヴォーさん

ウヴォーが一番やりたかったことが「大暴れ」でした。大暴れする悪役、と捉えるとちょっとだけ捉え方が変わります。

ヨークシンでクロロが「ウヴォーさん」と言ってましたが、子供の頃もウヴォーさんと呼んでいます。ちょっと歳上なんでしょうね。

ということは、ヨークシンの話を描いているときにはもうこのあたりの設定はできてたのかもしれないですね。

この旅団の設定が連載当初からあったとするとゾッとする

クラピカはほぼ一番最初から出ているキャラクターで、そのクラピカが旅団を追っているという設定。ということは、最序盤から幻影旅団の存在は想定していた。だが、その旅団が盗賊団ではなく、劇団、旅の一味的な存在だったと当時から決めていたのでしょうか。そう思うと、二十年以上前に決めた設定をここで使うなんて…

というか、旅団の結成理由ってこの世の悪=汚いもの をキレイにするという割と戦隊モノの発想だったりして。

スポンサーリンク

まとめ

過去編は次週で終わるんですかね。そろそろ俺たちのヒンリギさんに活躍して欲しいですし。

ただ、こういう話が入ってくるとシズクとボノの価値が相対的に下がっちゃいますよね。

時系列が戻った時に、フランクリンとかフェイタンとかフィンクスとか死んでそうな気がする。ノブナガはちょっと残りそう。マチはヒソカとは再会しそう。その後死にそう。クロロは最後まで残るかな。

カルトとイルミはわからない。ヒソカ側と言われたらそんな感じもするし。ただ、イルミはなんか真面目にやってない気がする。

あくまで予想です。

ハンターハンター 395話 結成➀  ネタバレ感想  旅団の過去とキレイなクロロ

面白かったらSNSで紹介してもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

スポンサーリンク
ハンターハンター考察
スポンサーリンク
面白かったなァ〜と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです
考察白書