どんなSNSも結局は同じ不満が出る 言葉に過剰な飾りをつけない

ブルースカイというSNSが始まったらしい。パッと見はXと変わらない気もするが、どうなんでしょう。

Xとは違う系統の違うアカウントで始めたい人なんかはいいのかもしれない。

だが結局どんなSNSも同じ不満が出てくるような気がするし、それはこの先ずっと変わらない気がする。

スポンサーリンク

SNSの不満とは

SNSっていうのは自分の思ってることとは異なる意見を目にしやすい場だから、続けていくうちにどうしても不快な投稿が目に入ってしまう。これは避けられない。

人間色んな意見があって当然、と考えるのが自然でそれはそれでスルーすればいいだけの話だが、近年はそこに異聞の意見をぶつける人がたくさん出てきたように思える。

例えば、

バスの中で女子高生がジョジョの話をしていたとして、そこにおっさんが急に割り込んできちゃうっていうのが今のSNSの世界である。こういう話はどこの界隈でもあるらしい。結局知識や経験、年齢や社会的立場が異なる人達がたくさんいるんだからこういういざこざは絶えることはないだろう。

(こういう例え話をしただけでも、おっさんをバカにしている、どういうことだ!とかいうクソ意見が出てくるのが今のSNSである)

SNSのクソ案件を見ていると、スーパーに貼ってるお客様の声、みたいなやつを思い出す。匿名でレジ係の元気がないだのなになにの品揃えが悪いだのなんだのっていう意見が貼り付けられていたりする。

ああいう意見を見るたびに、この世はクソ人間ばっかりだし、クソ人間に限って声が大きいのだな、とも思う。

アレを身近にしたのがSNSなので、この先どんなSNSが出ようが適度な範囲で関わるのが吉だと思っている。

個人的にはTwitter初期ぐらいの下ネタバンバン投下して楽しんでるくらいの時期が一番楽しかった。

スポンサーリンク

言葉に過剰な飾りをつけない

飾りっていうのは厄介だ。いくらでも付けられるからだ。

「本日はお忙しい中お越しいただき誠にありがとうございます」

僕はこの手の表現が大嫌いだ。

忙しい中来ることを選択したのは本人なのだから、普通に「いらっしゃいませ」くらいでいいと思うんだが・・・

日常会話にも飾り付けた言葉を多用する人っていうのはたくさんいる。なんか、語彙力が逆に足りないように思える。もちろん目上の人にタメ口で接するのは下品だなあと思うけど、編に謙譲語ばかり使うのもどうかとは思う。もう少し敬語の練習をしたほうが良い。いや、練習っていうよりは正しく知識を得ることかな。個人的には「させていただきましたので・・・」っていう表現が大嫌いなので。

https://amzn.to/3wcO8DJ
スポンサーリンク
ピポは静かに暮らしたい
スポンサーリンク
面白かったなァ〜と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです
考察白書