【本】「アウトプット大全」でアウトプットの重要性を認識して自己の成長につなげる

2019年10月3日

アウトプットの名著

アウトプットの重要性が最近はいろんな方面で語られていますが、この本ほど分かりやすくて読みやすい本は無いと思ってます。一つのテーマが短いので集中して読みやすく、例え話もイメージしやすいものが多いです。書いてる樺沢先生がお医者さんなので医学的、科学的な裏付けがきちんとされてるのもポイント。

読むまではインプットメインだった

この本を読むまで僕はひたすらインプットばっかりでした。本なんかもビジネス書とかたくさん読んだのですが、ほとんどアウトプットをしていなかった。するとまあ、何となくしか覚えて無いわけです。この本によると、インプット3に対してアウトプット7が黄金比率だそうです。いかにアウトプットが大事かがよくわかります。

読んだ後は

もちろんインプットはするのですが、要点を書き出したり、人に話したりしてアウトプットする機会が増えました。次から次へと本を買うことも無くなったので、余計な出費もおさえられてるかと思います。実はこのブログの書き方も「アウトプットのテンプレート」に則ったものになってます。「読む前の自分」⇨「気づき」⇨「TO DO」 こうすると誰でもブログが書けますし、書きやすいです。

まとめ

ビジネス本は多々ありますが、最初にこの本を読んでおくとその後の吸収率が違うと思います。けっこうオススメです。

本の記事ならこちらもおすすめ

https://kei-w.com/kojinnteki-businessbook/