デスストランディング プレイ日記2 メタルギアとの違い

スポンサーリンク
デスストランディングプレイ日記

まだエピソード3くらいまでしか行ってないが、ここまでに感じたメタルギアシリーズとの違い。

緊張感

素早く、丁寧に運ぶという緊張感がある。

メタルギアシリーズは、「見つからないように潜入する」という緊張感があるが、デスストランディングは「素早く、丁寧に、時々見つからないように」という緊張感がある。

メタルギアソリッド2のエマを引っ張っていく時や、メタルギアソリッド3のエヴァを引っ張っていく時の「制限のある感じ」がすごく強い。荷物も重くなればなるほど自由に動けないし…地形がこんなに影響するゲームだと思ってなかった。


見つかった時のリスク

メタルギアのように、敵が銃火器で銃撃してくるわけではないし(今の所は…)ダークソウルのように高火力でボコボコにするわけでも、罠があって死ぬわけでもないので、見つかったら見つかったでなんとかなる感もある。

BTに捕まった時も今のところなんとか逃げられた。あれ、逃げられなかったらどうなるんだろう・・・

BTとは?

BTの事が序盤なのでまだよくわかってないが、メタルギアソリッド3のザ・ソロー戦を思い出した。若干ゾンビのような、幽霊のような、ジョジョで言えばリンプ・ビズキットみたいな。

武器

今のところ武器は縄と荷物のみ。そのうち銃とかグレネードとか出てくるのかな?あまり殺傷武器はないようなイメージ。この後の展開に期待ですね。

とりあえずは攻略サイトを一切見ずに頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました