【ハンターハンター考察】能力がジョジョっぽい?  ヒンリギさんの実力を考察しよう

スポンサーリンク
ハンターハンター考察

久々に再開したと思ったらまるで主人公のように立ち回るヒンリギ=ビガンダフノさん。

具現化系念能力である「てのひらを太陽に(バイオハザード)」を駆使して物に生命を与えるその様子はまるでジョルノ・ジョバァーナのよう(?)

まあ、ジョルノもギャングだしな。

今回はそんなヒンリギさんについて考察します。

ハンターハンター 391話 衝突2 ネタバレ感想 ヒンリギさん弱くね?

ハンターハンター 393話 懇願 ネタバレ感想 そりゃ悪手じゃろ…ヒンリギさん

スポンサーリンク

ヒンリギ=ビガンダフノ考察

ヒンリギ=ビガンダフノの簡単なプロフィール

ヒンリギさんはシュウ=ウ一家の若頭です。若頭っていう立ち位置がどのへんなのかわからんのですが、クラピカも若頭だったので「実行部隊のリーダー」みたいな感じでしょうか。組織内で言えばナンバー3かナンバー4かな。

部下にヒソカは見つけるだけでいいから後は俺がやるというあたり、若頭としてのリーダーシップが見受けられますね!

ファッションのせいなのか、ヒンリギさんはイタリアンマフィア感があって、オウさんは日本のヤクザ感があります。

ヒンリギさんの念能力

能力は「てのひらを太陽に(バイオハザード)」機械や器具を元の機能を有したまま生き物に変えることができる具現化系能力です。

具現化系能力者ですが、手錠を鳩にして操っています。そして身体からある程度離しても問題ないところから見ても、具現化、操作、放出の3系統のバランス型。ゲンスルーもこんな感じだったかな?

クラピカのジャッジメントチェーンは体から離すとペラペラになるとか昔言ってたので、体から離しても問題なくてかつある程度自在に操れるのはヒンリギさんが優秀な証拠なのでしょうか。

具現化とはいえ、ゼロからイメージして生物を具現化するわけではなく、ベースとなる物質が無ければ使えないという制約をつけて能力の底上げをしている雰囲気ですね。

極端な話、ヒンリギさんをマッパにして拘束しまえば念能力は封じられる?でも拘束具自体を生物化するから無理か。

わざわざ生物にしなくても物質や武器をそのまま操作すれば良いのでは…?という疑問は野暮でしょうか。

生物にして操作するという条件をつけて、ある程度の自動操縦ができるようにしてるんですかね。

ヒンリギさんの戦い方

直接的にバイオハザードで攻撃するというよりは、サポート的に使いつつ直接攻撃で攻撃するタイプに見えます。

ですが同じ具現化系である「いま殺りに行きます」のドリル攻撃が手を貫通しているところから見ても、ヒンリギさんの防御力はあまり高くない気がします。ガチで殴り合うと強化系相手では分が悪そう。そして銃ではなく念弾だった場合、放出系能力との相性も…

ベースとなる物質をいくら念で覆ったとしても限界はありそう。

ヒソカくらいの筋力なら、鳩の手錠なんかも力づくで破壊できそうですね。

ヒンリギさんは強化系や放出系との相性が悪い?

具現化系ということは、強化系能力や放出系能力の威力や精度が低い可能性が高いです。ガチンコの強化系と殴りあったらヒンリギさんやられちゃうんじゃないかなあ…

最新号ではナイフを投げていましたが、おそらくこのナイフも変化しますね。そこそこサイズが揃ってないと変化させられなさそうな感じはします。ナイフの鳩はできないし、ナイフの蛇もできなさそう。現実に存在しない生物も無理そうですね。

ゴールドエクスペリエンスのように、生命の部品を作って傷を埋める、ということもちょっと難しいのかな?まあ、自分に使うならギリギリありな気もしますが、そこまでやっちゃうと完全にジョルノです!

ヒンリギさんのまとめ

最近のヒンリギさんの立ち回りやセリフ的に、どんどん株が上がっているヒンリギさん。ライバルというか同等の実力を持つと思われるオウ=ケンイさんとの共闘も楽しみ。できれば休載することなく進んで欲しいですね〜