【脳の健康】その2 ドーパミンで集中しよう!そして増やす方法も

集中力って大事だ。仕事も恋愛もその他いろいろも結局は集中力。

そこで集中力について調べてみた。そしたら思ったより魅力的な、わくわくする事実が見つかった。人間の本能に関わる話だった。集中力はドーパミンが鍵だった。ドーパミンをうまく使えば仕事もうまくいくし、モテるかもしれない。仕事うまくいってモテたら人生最高じゃん!

集中力アップの鍵はドーパミン

ドーパミンは脳の神経伝達物質の中でも「集中物質」と言われるものらしい。

意欲と活力の元だ。

「意欲、活力、欲しい人!」

と言われたら僕は迷わず手をあげますよ。全力でね。

何事も意欲と活力があれば何でも楽しいもんな・・・

ドーパミンはどんな時に出るのか?その理由は?

ドーパミンが出る行動の具体例はというと、

・美味しいものを食べる。

・社会と交流する。

・運動をする。

・セックスをする。

などが代表的なものらしい。

なんか勝ち組の行動だなあと思ってしまったわけですが、気にしない。

これらの行動でドーパミンが出るのには理由があって、これらの行動は行うことで生存確率を上げ、遺伝子を残しやすくなるからだそうだ。

確かに、うまいものも食えず、社会と交流できず、セックスもできず、運動もあれだったら遺伝子残せなそうだもんな・・・ていうかサバイバルな世の中だったら死にそう。脳はうまくできているものなのですね。

世の中でうまくいってる人は美味しいものを食べてたり、積極的に交流したりするのもこういう理由があったんですね。なんとなく納得。

ドーパミンはノイズを消し、集中力をアップさせる

ドーパミンの分泌で集中力がアップし、意欲活力が湧くなら、ぜひ増やしたいと思いません?

活力、意欲もなく、集中力もないドーパミンレスなAくん

活力、意欲にあふれ、集中力抜群のドーパミンフルなBくん

どちらが人として魅力的かは明らかですね。

ドーパミンを増やす方法

それは、運動です!

負荷が高い方が運動後のドーパミン分泌量が増えるのでウォーキングよりはランニングの方が有効。継続的に行うことで分泌量が増えるそうです。

運動後数時間はドーパミンの作用が続くので、できれば朝におこなった方がいいんでしょうね。

他にも瞑想なども有効らしいです。

まとめ

ああ・・・あの人は朝から活力に満ち溢れていて素敵だわ・・・

あの人の子供を産みたい・・・

なんて女性に思われてみたいそこのあなたは今すぐに走り始めるしかない!

僕は思われたいから走りますよ!

レッツドーパミン!