残りわずかのジョジョリオン ホリーさんの運命や定助の生き方など残る謎はどうなるか考えてみた

スポンサーリンク

ジョジョリオン108話を読んだ後で、この先はどうなるのかを考察した記事です。108話のネタバレを含みますので未読の方はご注意ください。

・ジョジョリオン108話 ネタバレ感想 最後の厄災

もう敵はいないわけですから、残る要素としてはホリーさんの病気をどうするかという話になってくるはずです。そして、この先のそれぞれの生き方はどうなるのかというところが見どころになると思います。

個人的にいろいろ考えてみました。

妄想レベルの考察ですので、さらりと読んでください。

スポンサーリンク

登場人物の運命とこの先の生き方

ホリーさん

今まで吉良や仗世文、定助が新ロカカカを手に入れようとしていたのはホリーさんのためでしたが、なんとなくホリーサンは助からないような気がします。

ホリーさんの症状はもはや通常ロカカカではどうしようも無いし、新ロカカカはもうこの世にはありません。

ワンチャンあるとしたら壁の目等価交換で誰かが病気を引き受けることです。ですが誰が引き受けるのか?可能性があるとしたら身内である定助かなという気がしますが、ホリーさんがそれを許すでしょうか。ジョジョリオンの全体的なテーマとしても、子や孫を思う親や祖父母の気持ちが強調されています。親のために子が努力することはあっても、犠牲になることは考えづらいですね。

というわけで、かすかな意識で「もう私のことはいい。私は十分にしあわせだった」と定助に伝えるホリーさんの姿を想像してしまいます。

東方憲助

果樹園は焼け、長男と妻を亡くした憲助。東方フルーツパーラーはどうなるのでしょうか。

たぶん豆さんもいないし・・

ただ、代々継いできたフルーツ屋さんですからね。なんとか頑張るんじゃないでしょうか。

今更だけど、常敏が手加減したにしては憲助の右手がボンっていってましたよね。スピードキングの手加減って一体・・・

東方つるぎ

病気を克服したので、もう女の子の格好をしなくてもいいはずです。

男版のつるぎのキャラクターデザインが気になります。出てくるかな?あと、順調にいけばお兄さんになるはずですが、その後日談は描かれるのかどうかが気になります。

東方定助

定助はこの先どうやって生きていくのでしょうか。

一つは東方定助として生きていくパターン。

もう一つは空条仗世文として生きていくパターン。

法律的には仗世文ルートが一番単純かもしれませんね。

この先の生き方はわかりませんが、なんか他の国にロカカカ探しに行ったりしてそう。それか、植物鑑定人。一応最初の頃に観察力がある感じの描写があったので、その能力とソフトアンドウェットの能力を生かして植物鑑定人として生きるとかね。憲助のキングナッシングと組めばいいフルーツができそう。ゴービヨンドの使い道はなさそう。

そういえば、睾丸に関しては等価交換じゃなかったんですが、その辺の話は登場するのでしょうか。

しなさそう・・・。

東方常秀

ちゃっかり誰かの腕をナットキングコールで移植してそうな気がする。あとは知らん。

東方大弥

視力が弱い設定でしたが、108話時点では結構目が見えてる気がするんですよね。

広瀬康穂

全体的に母親との確執がある感じの描写だった康穂ちゃん。彼女が大人として歩き出すためには母親の理解や和解が鍵になるんじゃないですかね。そういうシーンがあったら面白いな。ある意味、あの母親との確執も「呪い」と捉えることもできますからね。

あと、作中定助と両思いっぽい描写がちょこちょこあったので、男女の関係になってもいいんじゃないかなと思います。

作並カレラ

忘れてたし、出てこなかったし、今更出てきてもな・・・

虹村京

実はギリギリで生きていて、賞味期限切れの牛乳でパンケーキ焼いてもらいたい。

豆銑礼

今度という今度は確実に亡くなってると思うが、プアートム戦でドギースタイルの本気を見た僕にとっては豆さんが死んだとはどうしても信じられない。

個人的に豆さん好きだから生きてて欲しいなあ。

定助の頭にフラッシュバックした謎の男

あの謎はおそらくもう回収されない。

高価な宝石をつけていた謎の赤ちゃん

おそらくこれも回収されない。

個人的に再登場して欲しいキャラクター

カツアゲロードの三人組と、カツアゲロードの年季が入ってるおじいちゃん。今思えば「デッドマンズカーブ」って変なネーミングだなあ。

まとめ

こうしてジョジョリオンのことを考えるのも残りわずかと考えると寂しいですね。残りわずかですがしっかり考察していきます。

また発売直後にブログ書くので、来月もよろしくお願いします。

ジョジョリオン感想考察

貴重なお時間いただきありがとうございます。是非シェアしてください!
スポンサーリンク
考察白書
タイトルとURLをコピーしました