読書感想文

読書感想文

魍魎の匣 感想

この歳になって初めて京極夏彦の小説に手を出した。 きっかけは書店においてあった分厚い本。 昔から厚いなあとは思っていたが、今回の新作「鵺の碑」は更に分厚かった。 ということで初心者の僕はとりあえず姑獲鳥の夏を読み始めたのだ。流石に最新刊から...