実写版幽遊白書 第一話 感想

実写版幽遊白書感想

ネットフリックスの実写版幽遊白書。悩んだけどファンとして見ておくべきかな〜と思って契約してしまったぜ、今日!

ここから先はネタバレ注意だ。とは言っても原作はみんな知ってると思うけど…

実写版ならではのネタバレという意味で、ネタバレ注意ね。

この実写版感想シリーズは一気に見て書いたっていうよりは、一話ごとに感想書いてます。

そんな事情を踏まえつつ読んでもらえると助かります。

スポンサーリンク

実写版幽遊白書 第一話感想

ざっくり感想

魔界蟲が取り付いた人間が第一話の敵だ!朱雀はでるのか?これは岩本もそのうち来るな。岩本は出てたし…しかし竹センは出てこない!くっ。

桑原がかなりイケメンだ。予告編あんまり見てなかったんだけど、思ったよりずっとイケメンだった。永吉のエピソードはなかったね。

沢村の再現度が高い。大久保もまあまあ、桐島は…

コエンマがめっちゃ喋りにくそう。おしゃぶりつけたままだから仕方ないけど。

ぼたんは最初違和感凄いけど、不思議なもので見てるうちに慣れる。

第一話 良かった点

演出が派手。派手に家とか燃えてるし爆発多数。

アクションが凝ってる。端折る所は端折っているからテンポよく見れる。ダメ松のエピソードとかあっても良かっ…うーん、良くないか。

原作再現度は高いぞ。

二本のTVドラマにはなさそうなCGの使い方するから見ごたえはある。

第一話 気になる点

バトルシーンが長い。迫力はあるんだけど、ちょっと長いかなあ。

でも、今の所はそれくらいしか気にならない。

スポンサーリンク

まとめ

一気に5話公開されてますからね。とりあえず1話ずつ…

一気に書くと話が混ざっちゃうからね。

2話以降のほうが突っ込みどころは多いんだよね。

コメント