【本】「スマホ脳」自分や子供のために是非読んでおきたい本。スマホとの付き合い方を考えるきっかけになるよ。

スポンサーリンク
本の感想

地下鉄に乗った時に目の前の人達が全員食い入るようにスマホを覗き込んでいて、なんだか不健康だなと思った人はいますか?

僕は不健康だなと思いました。

「スマホ脳」という本の紹介をします。最近本屋さんでも平積みになっていたり、ランキングが上位になっていたりする本で気になっていたので買ってみました。この本を途中まで読んで少し個人的なサプライズがありました。それはちょっと前に読んだ本「一流の頭脳」と作者が同じだった事です。確かに言われてみれば本の内容や構成に似たような点が多数ありました。そして、僕が持った感想も似ております。

なんというか、気に入った映画のエンドクレジットを見た時に、実は監督が自分が好きな映画と同じだった!っていう気分に似てました。

一言で表現出来るメインテーマ

この本のテーマはただ1つ。
「スマホの使いすぎは色々良くない!」
これだけです。シンプルですね。

もちろん使いすぎないための具体例なんかもありますが、最後に箇条書きでちょこっと出てくるくらいで、95%くらいは「いかにスマホの使いすぎがあらゆる分野において良くないか」という脳科学や心理学的な研究や実験結果について書かれています。

スマホの使いすぎは良くない、ということを薄々思っている人がそれを確信に変えるための材料をふんだんに盛り込んでいる本ですので、分かっている人は買わなくてもいいかもしれません。

ものすごく簡単に解説してしまうと、スマホの使いすぎによって睡眠の質などの体調面や、SNSの使いすぎによるメンタル面への影響などが非常に具体的かつ詳細に書いております。

あとはこういった影響を改善するための具体策についても書かれています。具体策は簡単です。運動です。

ここまで書けば、「別に読まなくてもいいかな」っていう人と、「それは読んでみたいなあ」という人に分かれると思います。

読んでみたい人ってどんな人?

読んでみたいなあと思う人は、「物事に理由と納得が必要な人」なのかなと思います。

・「身体に悪いです」


・「〜という成分が胃に作用するので身体に悪いです」

この2つの文を比べた時にどちらが信頼できるか。

また、対策を実行しようと思うのか。

理由を見て納得した方が、実践する人は多いと思います。

なのでこの本をおすすめするとしたら、
「スマホの使いすぎは身体に悪い気がするけど、なぜなのかの理由を知って納得して、その上で実践したい人」
になるのかなと思います。

是非お勧めしたい人は

あと、もうひとつ、是非オススメしたいのは小さいお子さんがいる親御さんです。

いい歳した大人はともかく、今の子供達は生まれた時からタブレットやスマホなどのデジタルツールに囲まれて生きています。あって当たり前なわけです。エアコンや冷蔵庫と同じくらい身近なツールなのです。

2〜3歳からこのツールを使い続けたら、どんな大人になるのか?

誰もが通る思春期に、どのような影響が出るのか?

それを親が知っているのか知らないのかではかなり大きい差がつくのではないかと思いました。
個人的には、なるべくスマホやタブレットから我が子を遠ざけて、せめて小学生のうちくらいは外で遊んだり、スイッチあたりのゲームで遊ぶくらいに留めたいなと思いましたね。

ちなみに、スマホの使用時間やSNSが影響を与えるのは思春期の女子が一番影響力が強いそうです。特に見た目に関して思い悩む傾向が強くなるらしい。そりゃそうか・・・っていう気もしますけどね。

本を読むと分かりますが、ゲーム機とスマホなら、ゲーム機の方がかなりマシです。プレステとかスイッチとか。それくらい脳科学的によろしくない。

スマホの通知が削ぐ集中力っていうのはかなり影響が大きいらしいんですよ。何か通知が鳴ったら、中身が気になりますからね。

ポケットにスマホを入れておくだけでも「スマホを見るのを我慢する」ために集中力を使うのだそうです。ポケットにスマホがあるでけで集中力が低下するんですね。勉強や仕事、何かのトレーニングなど集中力が必要なシーンは沢山あります。それを手軽にアップする方法がスマホを遠ざけることなのです。僕も仕事中にはロッカーにスマホをしまうことにしました。さすがに手の届かないものには集中力を奪われなくなった気がします。

スマホに青春を奪わせない

今の子供達はくだらないラインのやりとりなんかをしないといけないから大変だなと思います。僕は間違いなくグループラインの通知を切って放置して、微妙に周りから浮くタイプだと思うので、昭和生まれで良かったなと思います。

スマホのコンテンツが全てどうでもいいとは言いませんが、スマホに貴重な青春時代を奪われてしまうのは避けたいところ。子どもは大人以上に誘惑に弱いかもしれませんので。

禁煙の本と感覚的には似ている本です。
有害な部分をしっかりと勉強することによって、自分から意識的にスマホの時間を減らすことができます。

スマホを使ったりSNSを見る時間をそのまま自分の趣味や勉強、運動なんかに使えば、もっと健康的に生きることができるかもしれません。

少しスマホを使うのに疲れている。でもやめられない…そんな人は、1度目を通してみることをオススメします。そんなに分厚い本ではありませんので。

通勤の際に、ゲームやSNSの代わりにこの本を読んでみてはいかがでしょうか。新書なので値段も手頃、空いた時間に読んでいるだけであっという間に読み終わりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました