ピポ日記 18−2号 固形燃料とマグカップ

スポンサーリンク
ギア

18−2号とか書くとファイナルファンタジー10−2を思い出して辛い。なんか思ったより18号が重くなったのでいつもの調子を取り戻すべく18−2号書きますよ。

固形燃料とは

あのチーズフォンデュとかやるときに下で燃えてるあのちっこい燃料です。燃焼時間は15分くらいですかね。あれもいざという時は役に立ちますよ。

お湯を沸かすには

一欠片で15分ぐらい燃焼させてあったかいスープが飲めるかなくらいの熱量ですね。煮沸とまではいかないので注意が必要です。きちっと湯を沸かしたい場合は空き缶ストーブを使って集めた木の枝や薪を使って火を起こしたほうが良いですね。

マグカップ

僕はスノーピークのチタン製マグカップを使っています。これにはシングルウォールタイプとダブルウォールタイプがあって、直接火にかけるならシングルタイプのほうが良いはずです。(ダブルは二重になっていて断熱性が高いため、保温性はあるが熱が伝わりにくい)

このマグカップは普段からウイスキーもハイボールもコーヒーもコーラも飲んでるマグカップです。いざという時はこれをカバンに放り込んで避難ですね。チタンなので丈夫だし、最高ですね。

なぜか容量は450ミリという大容量。大は小をかねるので良いですね。

固形燃料でお湯を沸かすなら

熱量的には固形燃料の数さえ増やせば熱量は上がるので、ダブル使いがおすすめですね。あのミニマムな火を眺めながらの15分はけっこう長いです。まあ単純に熱量二倍と考えて、7、8分程度でお湯が沸くなら我慢できるかなってところですね。ちなみに固形燃料は百均に売ってますので遊んでみたい人は百均で燃料を買って遊んでみても面白いと思います。火事には気をつけてくださいね。

ちなみにガチの固形燃料ストーブはこのエスビットです。これゼビオとかにも売ってたので結構簡単に手に入ります。ケースを組み立てると五徳になるところが軍用っぽくてかっこいいですね。おそらく性能面は申し分ないのですが、僕みたいにちょっとお湯沸かして楽しんでるだけの人にとってはやや高級品ですね。非常用かな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました