【ピポ日記17号】 友達が少ない理由 最近の新たな発見とロマサガの話  バイタリティがいよいよ本格的に必要になってきた

スポンサーリンク
不定期ピポ日記
DEATH STRANDING®_20200107005731

友達が少ない理由

僕は友達が少ないです。まあ、その理由は割とはっきりしています。

その話はとりあえず置いておいてですね、今日は昼は唐揚げランチをしてみたんですよ。(唐揚げ定食ね)そしたら、隣でおばちゃん四人組ぐらいがランチしてるわけです。まあ、おばちゃん四人組がランチしてたってそれは一向にかまわないのですが、発言内容や発言ペースなどを客観的に観察してみると明らかに偏りがあるわけですよ。まあ職場の問題だとか、こうがこうでどうだったとか、そんな話を飯が終わってからダラダラ話したりしてるわけです。直感ですが、この四人のうちその会話を楽しんでるのは上位2名で、下位2名はしょうもない相槌をうたざるを得ないんだろうなと思って聞いていました。

個人的には誰かとランチするのがめちゃめちゃ嫌いなんですよ。(家族は別です。)まあ、飲み会とかも好きではないんですが、飲み会の方がお酒が入る分話の内容がくだらないものになりやすいので好きです。

冒頭の話に戻りますが、僕の友達が少ない理由は「興味がない話を興味があるフリをして聞けない」からだと自己分析してます。興味がない話でもある程度は聞いてあげるのが人道的だという人もいますが、相手が興味なさそうな話を平気でするのは人道に反していないのかと言いたくなります。(そういう意味では自分の興味のある話題のみを抽出できるツイッターは最高のツールです。つまらない友達と話すよりタイムライン見てたい)まあ、興味ない話を聞くぐらいなら考え事でもしてたいということで、ぼーっとしているという行為を中学高校と続けていたらそりゃあまあ友達も減りますわな。ただ今の歳になって思うのは友達いなくてもあんまり問題はないですね。趣味や考えが似てる人が何人かいれば問題ないですね。そういう人と出会えるかどうかは運ですが、僕はまあ運にも恵まれているみたいです。よかったよかった。

ちなみに趣味や考えというのはその分野について深く知っていれば知っているほどディープな話ができるので良いことだと思います。好きなものは徹底的に突き詰めましょう。

最近の新たな発見とロマサガの話

バンドサウンドとヴァイオリンが合うっていうことですね。なんかね、とっても美しいですよ。

僕は「ロマンシング・サ・ガ」というシリーズの音楽がとても好きです。なんというか、ゲーム音楽なのに結構メタルなんですよ。スーパーファミコン時代からやってて、プレステ、プレステ2とやってきたのですが、最新作がPS4なんですよね。「サガ・スカーレットグレイス」っていいます。(まだやってないんですが)

サガシリーズの特徴

成長システム

普通のRPGってレベルが上がればステータスが上がって、技や魔法を覚えるんですが、サガシリーズは使った能力しか上がりませんし、技は「閃く」システムなので完全に運です。強い敵と戦うと強い技を「閃き」やすくなります。強敵とバトってるときに強力な技を閃いた時のテンションの上がりっぷりはやばいですね。

フリーシナリオ

選択肢がいろいろ出てきて、その選び方でストーリーが変わっていく仕組みですね。悪行を働きまくると後から大変なことになったりします。有名なシーンはこれです。

奪い取る人が多数なんですけどね。アイスソードかなり強力なので・・・

まあ、こういう攻めっぷりも相まってコアなファンが多いゲームですね。

音楽も進化してて美しい

サガスカーレットグレイスはまだプレイしていないのですが、今の世の中は便利なのでYouTubeというものに動画が上がってるんですよね。見た感じとっても音楽が良い。これはファンとしてはやってみるしかないですね。

もはやファンだから買うようなもの

この前までやってたデスストランディングもそうなのですが、もはや製作者のファンだから買ってるようなもんです。最悪つまらなくても良いかなって思います。

「どんなもの」より「だれのもの」になったなあと思います。

僕は小島秀夫監督のファンですから、彼の作品は多分これからも買うでしょうし、PS5で出るならPS5も買うでしょうね。素晴らしい人に出会えたことをただただ感謝するのみです。本当に子供の頃に遊びまくっておいて良かった。ありがとう・・・それしかいう言葉が見つからない・・・

バイタリティがいよいよ本格的に必要になってきた

アメリカでは銃や弾丸がめっちゃ売れてるみたいですね。マジ世紀末が思ったより早く来たんじゃないかと思う今日この頃ですね。

力ずく社会になったら理論も理屈も関係ない。バイタリティが運命を左右する。

まだ日本は倫理観が残っていますが、これが不安や不満、社会の混乱等で「暴力的な」社会に変貌した場合、頼りになるのは本能的な勘だったり、いざという時の覚悟だったりそういうものになりますね。

覚悟というワードが出てくると、僕はジョルノのセリフが好きなんですよ。

まあ、自分に危害を加えようとしてる人は逆に危害を加えられても文句言うなよってことですな。これは非常事態にはしっかり心に留めておきたいところです。

ちなみに東日本大震災の時はまあ、一時的に治安が悪化してたので、「危害を加えてくる人間には容赦しない」ということを意識しながら出歩いていましたよ。幸い何もありませんでしたが。

おまけ

ドラえもんの道具が完全にスティッキィフィンガーズで面白かったです。

あと、3分間のタイマーが能動的三分間でしたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました