ピポ日記33 岸部露伴は動かないのドラマ化は楽しみ 遠距離恋愛について

スポンサーリンク
不定期ピポ日記

岸辺露伴は動かないのドラマ化

突然発表された岸辺露伴のドラマですが、年末に放送されるという事で非常に楽しみです。
実写化といえば四部の映画という非常に苦い思い出がありますが、高橋一生が露伴を演じる事と、出回っていた画像を見る限りでは事故は起こらないのではないかなと思い、安心しております。

ぼくらジョジョファンにとっては岸辺露伴など常識ですが、何も知らない普通の人が「岸辺露伴」という名前を聞いた時にどんなことを思うのでしょうか。もはや僕には分かりませんが…

このまま是非シリーズ化してもらって、世にも奇妙な物語みたいな放送のされ方をしてもらえるとありがたいですね。

お父さんと電話をしたら思った以上に口数が多かった

用事があったので、1ヶ月ぶりに父親と電話をしました。前回はLINEのテレビ電話でしたので、音声通話はかなり久しぶりになります。

普段の生活では聞き役に回ることが多く、90%は人の話を聞いているのですが…いや、80%くらいかな。たまには話でも聞いてもらおう、親だしなと思っていたら、予想以上に父親がしゃべるんですね。そんなに口数の多い父親だとは思っていませんでしたが、普段あまり周りとの会話がないのかもしれないなと息子としては心配になりましたね。

住宅ローンの話になった時に、3600万の家が3800万で売れたらしく、凄い時代だなと思いました(25年前の話ですね)。

あの家を誰かが買ったのだなあと思うと、庭に立ちションをしまくってゴメンナサイという思いになります。もちろん親にも。

ゾンビの作法が紹介されていました

美容室では雑誌を出さなくなりましたが、定期購読していたので雑誌だけは届くんですよ。

僕はポパイとかブルータスとかの本の紹介する特集がけっこう好きで、買うかどうかは別として一通り目は通します。

そんなこんなで眺めていると、なんとゾンビの作法が載ってるじゃありませんか…


持ってますよ、この本。

本の中身はさておき、いい本と出会えれば人は幸せになれるので本はいいなと思います。同時進行でいろんな本を読むのでなかなか読み終わりませんが、今読んでる本も面白いので読み終わったら感想書こうと思います。

遠距離恋愛とオーバーラップ

昨日彼氏と別れたばかりという女の子のカットカラーをしました。

別れ話っていうのはじつは切り出す方がエネルギーがいるので、なんか疲れてたのもそのせいかなと思います。若かったしね。だいたい男の方が未練タラタラで、ズルズルするんですよね。気持ちはわかりますが。それまでなんとも思ってなくてもいざ別れるだとか、もう会えないと思うと急に価値が上がるあの感じはなんなんでしょうね。不思議です。

個人的にはそういう別れ話になる時点で関係性としては終わってるので、粘ろうが何しようがいずれは終わる運命なんですけど、10代のメンズ君ではその辺の受け入れは難しいんでしょうね。

ちなみに、別れ話うんぬんになる場合、切り出す側はもう既に別の誰かがいる場合が多い気がします。オーバーラップってやつですね。日本の倫理感だと堂々と二股をかける女の子は少数派なんじゃないかなと思うので、堂々と次に行くためにも別れたのかな〜なんて思いました。そこは聞きませんでしたが。

そして遠距離恋愛について。そもそも恋愛というのは、近くに居て、一緒に過ごすのに都合がいいから付き合うとか付き合わないとか言う話になるわけです。ということは、遠距離で会えないっていうのはかなり重いハンデになるわけですね。

僕は遠距離恋愛の経験はありません。無理な事が分かっているので、最初から遠距離になりそうなら踏み込まない。コストに対してのリターンが少なすぎるんですよね。

という事で、進路の関係で遠距離になってしまう若い人は、遠距離確定した時点である程度の覚悟を決めておいた方がいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました