ピポ日記30 ダイの大冒険アニメ感想 ベースのスケール勉強

スポンサーリンク
不定期ピポ日記
サガ スカーレット グレイス 緋色の野望_20200919234102

近況 ダイの大冒険のアニメを見ました

僕の住んでいる地域はテレビ東京系が放映されませんので、アマゾンプライムでダイの大冒険の第1話を見ました。

感想としては、絵が綺麗だなと思いました。キャラクターはもちろんですが、モンスターの動きっていうか、待機中のモンスターが微妙に動いてるんですが、最近のアニメって全部ああなんですかね?半分CGみたいになってて迫力がありました。

細かいところなんですが、オリジナル版のダイの大冒険はドラクエ1〜4までのモンスターで構成されており、5以降のモンスターは出てこないんです。ただ、今回のリメイク版は、キラーパンサーやエンプーサ、火食い鳥などのモンスターは確認できました。キラーパンサーはプックル(ボロンゴ、ゲレゲレ)として5に登場しましたし、エンプーサも5で仲間になりますし、火食い鳥の色違いであるホークブリザードは確か5で仲間になるはずなので、その辺りを参考に追加したのではないかなあと思います。

アニメ冒頭でのアバン対ハドラーも迫力がありましたし、バランは一国を消滅させてました。

ちょっとバーン様のシルエットが安っぽく見えたのが気になりましたが、キルもミストもいました。

エピソードもうまくまとめられていて、良かったかなと思いますが、やはり時間帯が朝で、ターゲットが子供なのでしょう。エロシーンは多分全カットですね。ポップとマトリフのセクハラはどう表現されるのかが今から楽しみです。

何気にホッとしたのはヒュンケルの眉毛がきちんと髪の色に合っている点ですね。

旧アニメではヒュンケルの眉毛が黒いんですよ。銀髪なのに。

だから結構顔に違和感があるんですけど、新アニメはそういうことはなさそうです。

ベース練習とスケール練習

スケールの勉強をしようと思いました。ちゃんと取り組めばもっと理解も早かっただろうに、今の今まで逃げ続けてきたスケールです。きっかけはベースマガジンの連載で、石村さんのベース講座でした。

一応メジャースケールはわかるぞと胸を撫で下ろしつつも、3度って何?5度って何?っていうのを説明しろと言われるとできない。長三度とか短三度とか言われても分からない。コレはマズいと思って、勉強をし直そうと思ってます。

僕はお世辞にも音楽の才能があるとはいえません。どちらかと言えば、センスはない方です。そんな人でも楽器演奏を楽しみたい、自信を持って演奏に参加したいと思うなら、知識やスキルを努力によって身につけるのは必須事項だと思うようになりました。

これは音楽に限った事ではありません。例えばなにかのマンガ作品が好きな場合、そのファンと楽しい時間を過ごそうと思ったら、最低限あらすじや、登場人物が頭に入っていないと辛いものがある。それと似たようなものだと思ってます。

趣味なんて自由だと言われればそれまでですが、自由の中にも学びがあるからこそ楽しんで続けられるのではないのかなと思い、わからないことを理解しようと努力するわけです。ここまで書いてきて自分が思ったのは、すぐにできないものだからこそ、趣味っていうのは面白いのかもしれないということです。

というか、やってるうちにメジャースケールとマイナースケールの違いがとりあえず怪しいので、そこから勉強し直します。

サガスカ日記

サガスカーレットグレイスが、なんとラスボスまでたどりついてしまいました。黒幕はやっぱり邪神なのねっていう安定のサガっぷりを確認しつつ、挑んでみたらあっけなく全滅。とにかく全体攻撃がエグいですね。

なんとなくHPとか装備は足りてるっぽい感じがするんですけどね。作戦ミスかな。

ここまで来たらまだ見ぬ技を閃きつつ、残りのイベントを消化していこうと思います。多分強い武器とかあるんだろうし、ロールが全然ないからな。

ムキになって再挑戦を繰り返していつの間にか深夜になってしまっていました。少し装備やロールを整えて再挑戦したいと思います。

やりたくないことをやらない

最近ピンときた言葉の中に「やりたくないことを徹底してやらない」という言葉があります。これを自分の場合なんだろうかと考えてみると、意外な言葉が出てきました。

僕は美容室で働いているのですが、「当日予約」というものがあまり好きになれません。まあ、事前に予約してくれるだけありがたいといえばありがたいのですが。

うちでは次回予約システムがありますので、常連さんは次回予約を取っていきます。周期にもよりますが、1ヶ月以上先の予定をある程度決めてくれるわけです。この予約は双方にメリットが多いため、割と勧めている予約です。

逆に当日予約というのは、今行きたいから今行こう!という発想ですね。

ちなみに一番困るのは「今からできますか?」という飛び込み予約。この世にはあなた以外にもいろんな人が存在しているんですよと言いたい。

ただ、この辺の事情に関しては僕の職場はある程度のスタッフ人数が揃っているのでそこまでピリピリしなくてもいいんです。だからどのタイミングの予約でもルール上は問題なし。

思い切ってこの当日予約というものを取らない!と決意すると、とてもたくさんの時間が生まれます。極端な話、予約の入っていない日は休みにしてしまってもいいわけですからね。その空いた時間を別の仕事や予定にしてしまっても問題ありません。これ、すごくいいですね。

で、当日予約を認めると、いつでも予約ができるというのは顧客側にとってはメリットですが、店を開けなければいけないというのは店側にとってはデメリットですね。

こう考えてみると、顧客側に都合が良く、働く側に都合の悪いシステムはけっこうたくさんありますね。もし自分が独立する時は、こういう都合の悪いシステムは全て潰してからやろうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました