ピポ日記3月10日号 島袋寛子現象 カルディで買ったコーヒーが無くなりそう  他

スポンサーリンク
日記

絶好調の体調を100とすると今日は60〜70というところでしょうか。やはり肉体的にそこそこ疲労して、旨いご飯を食べて、眠くなったら寝るという流れが一番体調が良くなりそう。体を疲れさせるには外に行くことが大事ですね。まあ、今あんまり外出できないんですが。いくら自粛ムードが漂っていても散歩くらいはした方がいいですね。体調が悪いと気も滅入ってきますので。それでは気が滅入らないコンテンツいってみましょう。

島袋寛子現象

この時期に思い出すmy graduation

スペル怪しいけどまあいいや・・・

グラジュエイションと書いてグラディエーターを思い出すぐらいには映画脳の僕ですが、卒業シーズンですね!僕が小学生の時はスピード全盛期でみんなファンでした。もしタイムマシンがあったらぜひやりたいこととしては、当時小学生の僕にスピードのあまり明るくない未来を伝えてあげたいなと思います。ちなみに専門学校生の僕には大塚愛のあまり明るくない未来を伝えてあげたいなと思います。話がずれました。まあ当時はスピードがもてはやされていて街を歩けばホワイトラブ、卒業の時には前述の曲、なんか映画なんかもできちゃったりして完全なるブームができていました。

男子の間で必ず起こること

今風に言えば「誰推しか」ということ。今のようにアイドルが46人とかいないので、まあせいぜい数名の中から一人推しを選ぶみたいな話になるんですよ。でも、スピードなんて四人ですからね。推しも何もまああってないようなもんなんですが・・・

基本的にまあ上原多香子vs今井絵理子という構図になってしまいがちなんですね。もう、タイマンバトルというか。大前提みたいな雰囲気になってしまうんですが、僕はHIROこと島袋寛子ちゃん派だったんですよ。

これをみんなの前でカミングアウトするのって結構勇気がいることなんですよ。特に小学生にとっては。当時の僕としては、しっかりセーラームーンを毎週見てるのをカミングアウトするぐらいには勇気のいる行動でしたね。で、まあ大して好きでもないのですが上原多香子に一票を投じて平和な学生生活を送っていたわけです。ああ・・・

という言いたいことも言えないこんな世の中じゃPOISON的な現象を島袋寛子現象と名付けました。僕の中で。

まあそんなに人生は変わらないけど

別にあの時島袋寛子派を公言したところで僕の人生が変わっていたとは思えないのですが、大人になってみると、あの時はっきりと意見を主張していたら、何かが変わったりしたのかなあと思ったわけです。三月というこの時期にね。

ドン引きされた過去

あ、今思い出したのですが、専門学校の時にドン引きされた思い出はあります。当時付き合ってた人にね。今でもはっきり覚えている大塚愛の「LOVE COOK 初回限定版」が見つかった時ですね。

あの時は本当に一撃でフラれると思いました。大塚愛の初回限定版の火力はヤバすぎますね。皆さんも気をつけてくださいね。大塚愛がやばかったのか、買い限定版がやばかったのか、どっちもなのか・・

僕は付き合ってる人に「見られてはまずい何か」を定期的に見つかるという失態をやらかしてしまいます。それは学生時代から大人になっても変わりません。(多分これが僕のパーソナリティーなんです)

まとめ

今いろいろ日本は大変なことになっていますが、新幹線で男と手をつないでいた今井絵理子議員に僕はとっても期待しておりますのでぜひ頑張っていただきたいですね。あと、はてなブログ時代から言ってますが僕は仁絵ちゃんはマジ尊敬してます。アイドルという地位にあぐらをかかず、絵やヨガで自己を確立したあの姿勢は全人類が見習うべき姿勢ですね。

カルディで買ったコーヒーが一週間で無くなりそう

先週カルディでコーヒーを買いました。豆をね。マンデリンというやつです。

酸味より苦味系らしいです。これをドリップして飲んでたんですがまあなんとなく旨いんですよ。自分で手間暇かけたからそう感じてる可能性がありますが。

自己調理バイアス

僕は昔から「自分で作った料理」の評価を高めに見積もる傾向があるんですよ。(だからと言って他人の料理を批判したりはしません)

なんか自分で作ったから美味しく感じる、というか。

焼きそば、野菜炒め、お好み焼き、チャーハン、カレーなど簡単な料理ばかりですが、自分で作ると美味しい(気がする)

この現象を「自己調理バイアス」と名付けようと思います。なんか心理学っぽくて面白いじゃない。他にもいろんなバイアス募集します。

映画と性格

二年前だか三年前だかの忘年会で出し物をすることになったんです。その時周りのスタッフは卑劣なことに徒党を組みやがったんですよ。出し物ってピンより二人、二人より3人の方が精神的に楽ですからね。それはまあ仕方がない。しかし3人でサンシャイン池崎のネタをやるのは納得できない。何がジャスティスだ!!

そんな中僕が用意したネタは細かすぎて伝わらない映画モノマネだった。

「アクション映画でブルースウィリスに自分の車から引きずり出されて殴られて車を奪われてわけがわからないまま文句を言うモブの男性」をやったんですよ。まあ、受けたかどうかは想像に任せますが、その時も思ったのですが、結構僕の人格は映画とかゲームでできてるなってっことです。

アクション映画やサスペンス映画、ロードムービーから受けた影響は計り知れないですね。このままいろんな映画やゲームや漫画や小説を楽しんだ後にどんなジジイになって人生を終えるのか楽しみですね。

たぶん60とかになってもゲームやってるんだろうな・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました