スポンサーリンク
筋トレ・ランニング・ストレッチ

【姿勢改善】Style BX Plus の着用効果は?買って使用した感想を書いていきます【追記あり】

MTG StyleBXPlus の購入しての感想ブログ
身体

【扁平足対策】扁平足でも1日十時間立ちっぱなしの仕事は可能

僕は扁平足 扁平足は足裏のアーチが平べったくなっていて、地面からの衝撃を吸収しづらく、疲れやすくなったり足裏の筋肉を痛めたりしやすいです。足裏は身体全体を支える部分なので、ここのバランスが崩れるということは姿勢に影響を及ぼし、膝や腰...
自転車

【自転車】GIOS スパジオフラット

愛用の自転車 イタリアのブランド、「GIOS」のフラットバーロードバイクです。ディレイラー(変速機)はダブルレバーというタイプでフレームについているレバーで変速をするタイプで手元で操作するタイプではありません。 フレーム素材は...
本の感想

【絵本】「ぶたのたね」 感想 かわいい絵柄に対しての展開が斬新で笑える絵本だった

大人になってから読む絵本はなかなかシュール あらすじ あるところにとても足の遅いオオカミがいました。どれくらい遅いのかというと豚よりも遅いのです・・・よって豚を捕まえることができない。オオカミはとっても悩んでいました。「豚の丸...
身体の健康

【頭皮】夏の匂い対策 気づかないうちににおっていたら…あなたならどうする?

夏が来るよ もう夏はすぐそこまでやってきていますね。気温も高い日が多くなってきました。夏は祭りに花火にバーベキュー・・楽しいイベントがいっぱいです。僕は四季の中では圧倒的に夏が好きです。 頭皮の状態はどうなるのか? 気温や湿度が高くなると汗...
ビジネス本の感想

【本】高橋宣行の発想筋トレ クリエイティブエンジンの鍛え方  感想

どんな本なのか? 筋トレの本やネット記事は色々読んできましたが、「発想の筋トレ」はしてこなかったし、思いつきもしませんでした。 中身を読んでみると、自分はやった事の無いような事ばかり。今時珍しい「質より量」的発想です。 ...
コラム

【心理学】サンクコストバイアスについて

サンクコストバイアスとは 簡単に言うと、ある程度時間やお金の投資をして、それ以上投資しても意味が無い、もしくは損する事がわかりきっているのに継続してしまう心理のことです。 前はてなブログで記事を書いていた時に、このサンクコストバイアスにつ...
映画感想

【映画】ラストナイツ感想

【映画】ラストナイツの感想 紀里谷和明監督の映画、「ラストナイツ」の感想です。なんとなく話の展開やストーリーは序盤から想像がつくのですが、この先見たいと思っている人はご注意ください。ネタバレ注意! ストーリー ある国の王様(モーガン・フ...
ビジネス本の感想

【本】「アウトプット大全」でアウトプットの重要性を認識して自己の成長につなげる

アウトプットの名著 アウトプットの重要性が最近はいろんな方面で語られていますが、この本ほど分かりやすくて読みやすい本は無いと思ってます。一つのテーマが短いので集中して読みやすく、例え話もイメージしやすいものが多いです。書いて...
服飾品

腕時計はダイバーズウォッチ派 ブライトリングスーパーオーシャン

毎日つける愛用品 愛用の時計はブライトリングのスーパーオーシャンです。 買った時はダイバーズが良かったのと、ブライトリングにしてはシンプルなデザインが気に入って購入。これはジャパンエディションとかいうらしく、文字盤の所...
身体の健康

THE GROOMINGのグリースはつけるタイミングで質感が変わる

ウェットな質感で大人の毛流れを 資生堂のTHE GROOMINGのグリースの紹介です。個人的に一番使用率の高いスタイリング剤なので非常にオススメです。 基本的にはウェットな質感の出るグリースです。ポマードと違って水溶性...
身体の健康

資生堂のTHE GROOMINGはさっぱりした使用感と男のための成分配合で扱いやすい

二月の導入以来ずっと使っている資生堂の「THE GROOMING」 僕は非常に気に入っています。なので特徴をおさらいしてみようと思います。 まずはなんといっても立ち上がり。髪の根元を立ち上げる成分が入ってます。毛が弱ってきた男性にと...
コラム

整えるのと変化させるのはどちらが大事なのか考えてみた

「自分が変わらなければいけない」という言葉が世の中には溢れています。現状の自分に満足せず、常に確認と改善と行動を繰り返し・・・俗に言うPDCAサイクルというやつです。 もちろん変わらなければいけない、現状のままではまずい・・そんな時...
未分類

はじめに

今回新しく個人サイトを作りました。今までいろんなブログサービスを利用し、いろんな記事を書いてきましたが、その都度記事の内容であったり、文章の書き方だったり、様々な理由で変えてきました。 トータルで書いた記事はおそらく600は超えているはずで...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました