大人女性のイメチェンの予算はどれくらいかかるのか?

完全主観のイメチェン計画です。13年美容師をやってきて、いつも話題にあがるのは

「イメチェン」


「思いきって変えてみたい。けど怖い…」

なんて言う話を何百回もしてきました。

イメチェンっていうのは実は簡単です


服、髪、メイクを丸ごと変えればイメージは変わるんです。


この丸ごとというのがミソで、どれか1つをちょこっと変えた位ではなかなかイメージチェンジになりません。

イメージを構成する一番大きい要素は服です。服が約6割。

髪とメイクで残りの4割ですかね。主観ですが。

イメチェンにはいくらかかるのか?

なので本題の予算ですが、ズバリイメチェンにかかる予算は10万円です。

高い!というツッコミが聞こえてきそうなので言っておきますが、自分の印象が10万で変わるなら安いもんです。


世の中にはイメージ診断とか体型診断だけで4~5万かかることだってあるんです。今はいろんなコンサルタントさんがいますからね。

そういう人に委ねるのもアリですが、僕は圧倒的に「自分で何とかしろ」派です。

誰かにゆだねた判断って、結局どこか責任の放棄みたいなところがあるんです。

失敗した時の言い訳をしないという意味でも自分で考えて、選ぶ事が大事です。それができない人はそもそもイメチェンなんて無理なんです。

イメチェンの費用の内訳

具体的な内訳は、


服、靴、バッグに7万
髪に2万
メイク用品に1万です。

服、靴、バッグと全身揃えて、なおかつそこそこのクオリティを出そうとなると7万は欲しいところ。安っぽくなったら大人女性のイメチェンとしては失敗ですから。安っぽさは絶対NG。ファストブランドとかありえません。


買い足しではなかなかイメージチェンジは難しいかと思います。どうしても今までのイメージを引きずるので。

そして、予算を伝え、イメチェンしたい事も伝えて1つの店で全身揃えてしまいましょう。その時に店員さんが押し付けてきたり、強引な接客、話を聞いてくれないなど、店員さんが微妙だったらその店では買わないようにしましょう。

髪の毛はカットカラーパーマトリートメント、ケア用品含め二万程あればだいたい出来ます。いつも行ってるところでも、新しい所でもいいでしょう。いつもの人がイメチェンに否定的なら変えましょう。


コツは最初に予算を伝えることです。


予算が決まってると提案しやすいんです。美容師さんは。
逆に渾身の提案が予算の都合で却下になると少し悲しい。


スタイリング剤も一緒に購入して帰りましょう。

メイク用品は、今チェンジのために買うなら間違いなくリップ。目元を盛るのは大人向きではありません。

リップと眉メイク用品を相談しながら買い足します。もちろんアドバイスをもらいながら。


プロはとことん利用しろ!


これは今回のポイントですね。

高級でもなく、安っぽくもなくイメチェンするための予算内訳はこんな感じです。もちろん多少の前後はありです。

ですが、お金をかけずにイメチェンを成功させるのは難しいので、その線は捨てましょう。

変化はお金がかかります。自分に負担もかかります。

それを乗り越える覚悟があるか?

それがイメチェン出来るかどうかの分かれ道。

覚悟を決めて、新しい自分に出会いましょう。