中学生が背負っているあのヘビーなカバンはなんとかならないのかな

めちゃめちゃ重そうなあのカバン

朝に息子と一緒に保育園に向かっていると、時間帯的に中学生の通学時間と重なるらしく、いろんな中学生とすれちがう。そんなときに思うのは、あの中学生特有のカバンはなぜあんなに重そうなのかということだ。

明らかに小学生のランドセルよりデカイ上にずっしりと背中にのしかかってる重量感は大人の僕から見ても大変そうだ。しかもリュックだけではなく部活のグッズも一緒に背負っている。朝からこんな重い荷物を持って移動するなんて絶対帰りたくなってしまうと思うんだが・・・

自分の学生時代を思い返してみる

僕も中学の時のカバンは重かった。しかし高校の時は軽かった。というか中身がほとんど入ってなかった。なぜかといえば、高校はだいたい置き勉をしていて、机の中に教科書やノートが常時滞在していたからだ。なぜか中学の時はそれをやっていなった。多分学校の規則的に禁止だったんだと思う。

しかし冷静に思い返してみると明らかに持ち帰る必要があるのは英語、数学くらいであとはあんまり宿題とかなかったような・・・そう考えると全てを持ち帰る必要性がほとんど無いように思う。

姿勢が心配

そこそこのガタイの中学生男子は心配してないが、少し小さめの女子が腰を折り曲げてカバンを背負っているとちょっと心配になる。こんな風に姿勢が崩れて、スマホの追撃があったら将来の若者の姿勢が心配でしょうがない。あんなに重いならもはやキャリーケースにでもしたらいいんじゃないのか。それか置き勉を全面的に認める。あるいはきちんとしたメーカーとコラボしてちゃんと腰や背中に負担のかからないリュックにすべきだろうなと思う。