筋肉のセルフケアにはグリッドフォームローラーもなかなか良い。自宅で簡単に筋膜リリース

最近は筋肉というものに非常に興味があって、勉強してます。

やはり勉強していくと、筋膜、筋肉の緊張、柔軟性、血流、体軸のバランスに関してはセットになっていることが多いです。このあたりは相関関係にあり、どこか一要素だけではなかなか改善しないというか、一つだけではなかなか身体の症状は良くならないということですね。その中でも今日は筋膜に関してです。

グリッドフォームローラー

はい。これはそこそこ有名なグリッドフォームローラーという器具ですね。

なんでこれを紹介するかというと、僕が使ってるのはこれだけだからです。そんなに色々買ってられませんよ。5選とかしてる人はなんなんでしょうね。謎です。

この器具は、この上に乗って体重をかけながら筋膜リリースをしたり、トリガーポイントと言われるポイントを刺激したりするものです。

自分の指や手で自分の筋肉をマッサージしてもなかなか凝りはとれません。

何故なら、本当に筋肉の緊張を緩めようと思ったら筋肉の表層ではなく奥まで作用させなければならないからです。ですが、自分の手指で行うマッサージでは圧が弱く、筋肉の奥まで届かないんですね。そこで体重を使った圧が必要になってきます。

もちろんゴルフボールなんかを使ったケアの仕方もあるみたいですが、さすがは筋膜リリースのために開発されたこのグリッドフォームローラー。滑りにくさや頑丈さはしっかりしてます。安心ですね。詳しい使い方は公式サイトが出してたりするのでそれを参考にしてます。

実際にやってる部位は

実際全部やるのは大変なので、何個か選んでやってます。

僕は背中、腰回り、お尻、ハムストリングス、ふくらはぎはやってます。立ち仕事だと疲れるポイントですね。座って仕事する方も、長時間同じ姿勢だとこのあたりの筋肉は確実に緊張するのでほぐした方がいいですね。

まとめ

もちろんプロのケアも大事ですが、毎日行ってられないし、それなりの施術を受けようと思ったらそれなりの対価を支払わなければなりません。(施術系はどの分野も安かろう悪かろうだと思ってます。安くていいものがあるとしたらそれは従業員が泣いてます。給料的に)これからはセルフケアのレベルが高い人ほど健康を維持できると思っています。

セルフケアも方法がいろいろあるので、やり方とアイテムをうまく使って筋肉や血流、姿勢などをケアしましょう。いつまでも自力で自己流でケアするのは効率が悪い。使えるものはうまく使いましょう。