【エルデンリングプレイ日記31】 フロムゲーが下手なプレイヤーが攻略法を考える

スポンサーリンク
スポンサーリンク

過去の自分に教えてあげたいエルデンリング初心者攻略法

エルデンリングの基本的な進め方

探索→武器強化→ルーン稼ぎ→ボス討伐

立ち回りでボスを圧倒できる玄人プレイヤーでない限りはこの流れが基本になりそう。というか、無強化でボスに挑んでも時間がどんどん溶けていきますから、時間があまりない社会人はこの流れがオススメです。

まず、死亡覚悟で各地を駆け抜けて武器や鍛石を集める。ついでに黄金のルーンも集める。

ある程度武器が良くなったら効率のいい所でルーン稼ぎをしてレベルを上げる。

倒しやすそうな中ボスを倒してアイテムや遺灰ゲットする。

ストーリー上倒すべきボスに挑む。

これが効率のいいエルデンリングのプレイ方法です。

特殊武器の方が強化回数が少ないため鍛えやすい

喪色の鍛石は意外と各地で手に入りますし、一回強化したときの幅が大きい気がします。戦技も優秀なので特殊戦技付きの武器を使うと攻略が楽になりますね。

僕は猟犬の長牙にお世話になりました。

対ボスならリーチの長い武器が有利だと思います。槍とか。特大剣なんかも良さそうですよね。

探索でゲットするならリーチや攻撃範囲が優秀な武器

モブ狩りするなら振りが速くて複数を巻き込める大剣とか?

今回は斧の存在感が微妙な感じがしますね〜

遺灰集めと遺灰強化

遺灰のある無しで中ボスの難易度が全然違います。個人的には耐久性の問題で「民兵スケルトン」が手に入りやすくてオススメです。あとは腐敗狙いでの「腐った犬」ですかね。

FPを伸ばしておけば、強力な遺灰も使えるので遺灰や魔術をよく使うプレイヤーは精神力も上げたほうがいいんでしょうね。

ステ振りは生命力 探索に有利

武器の必要能力値を満たしたら生命に振ります。補正値も大事ですが、最初はそこまででもないので生命に振った方がいいですね。持久はそこまであげなくても困らない気がします。

あとから生まれ直しもできますしね。

霜踏みの戦灰回収

霜踏みはマストですね。消費も少なく範囲、威力共に優秀過ぎます。遠距離で攻撃したい時や多数の敵に囲まれた時にも活躍します。危ないと思ったらとりあえず踏んでおけば死亡率が減ります。ルーンの節約になります。

製法書はあまりいらない

最初は武器やレベルにルーンを使います。後になると2000ルーンとか半端なルーンが余るようになってきますので、その時に買えばOK。良心が傷まないなら出会った商人をやっちゃうといいですね。

エンチャントアイテムを作れる製法書なら買っておくのもありかな。

まとめ 時間は大事

ちゃんと計画的にプレイしないと時間が溶けていくゲームです。必要であればメモをとったり、やることリストを作ったりして適切な時間管理をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました