ミルボン DOOR シャイニーオイルの使用感

スポンサーリンク

ミルボンから新しく発売されたシャイニーオイルの使用感と感想書きます。

このブログにおいては僕はニュートラルな立ち位置なので、中立の立場で感想を書いていきます。

導入したサロンのスタッフはオススメですよ、是非って書きますからね。

基本情報(内容量 価格 )

内容量は90グラムです。

価格は税抜き2000円。

スタイリング剤としてはそこそこのお値段になると思います。が、

最近のサロン専売品のスタイリング剤はこれぐらいが基本になってきている気がしますね。

詳しい基本情報は公式サイトの方が正確かもしれません。

ミルボン公式サイトはこちら

見た目は黒くてミルボンさんっぽくないイメージです。

メリット

使いやすい

剤の出し方がプッシュ式なので、一定量を出しやすい。出し過ぎを防げます。某スタイリングオイルはひっくり返すとドバドバ出てきますからね。ジェル状になっているので手に取りやすく、ジェルは手で伸ばせばすぐに伸びていきます。

かなり伸びが良い

1プッシュの使用量で髪に対してもかなり伸びます。ショート〜ミディアムなら1プッシュで十分ですね。ロングの人でも追加で1プッシュくらい。トータル2プッシュで対応可能ですね。

ボリュームダウンできる


つけることで髪のボリュームダウンが可能。今のスタイリングはボリュームアップよりダウンが主流ですからね。ボリュームダウンできるのは大きいですね。

ツヤ感が出る

当然といえば当然ですが、ツヤが出ます。ツヤ感の感じとしては、ややウェットな質感ですね。オイリーというよりはシャイニーな質感が出るので、割と「スタイリングしている感じ」のツヤ感が出ます。手軽にスタイリッシュな印象にチェンジすることができます。

持続力がある

スタイリング剤な為、つけてしばらくした後の質感変化が少ないですね。これはトリートメントベースのオイルにはないメリットだと思います。

デメリット

手に残る

あくまでもスタイリング剤なので、使用後は手を洗う必要があります。そのまま手になじませてハンドクリームに・・・っていう今時のキャッチフレーズが使えません。よって肌が弱い人が使った場合、荒れる可能性もありますね。

注意点

つける順番に注意

きちんと毛先からつけないと大変です。根元がテカって毛先がパサついてしまいます。毛先からつけて、徐々に中間になじませるという基本を忘れないようにしたほうがいいと思いました。

あくまでもスタイリング剤である

さっきも言いましたが、今流行りの「ハンドクリーム、ボディオイルとしても使える」みたいな商品ではないです。

向いてる髪型は?

ロング〜ショートまで幅広く対応します。
どちらかといえばタイトなスタイリングに向いていますので、ふんわりさせたいとか、柔らかな透明感が欲しいっていう場合はシャイニー系ではなく、フェード系のDOORを使ったほうがよさそうです。

長さがどうこうというよりは、求める質感と、求めるシルエットがどうなのかをしっかり見極めてから購入したほうがいいと思います。

総合

肌や手の保湿など、他の要素を追加せずにあくまでも「スタイリング」のためのオイルです。使いやすい剤型で、ショートからロングまでカバー出来る応用力は素晴らしい。

強いて欠点をあげるとしたらセット力はないので、動きを固定したい場合はスプレーの併用かワックスをミックスする必要が出てくることでしょうか。

スタイリングにツヤ感が欲しい人は、一つ買い足してもいいスタイリング剤だと思います。

スポンサーリンク
ぜひブックマークしてください。ツイートも大歓迎です。
SNSフォローボタン
ネバピポをフォローする 更新通知が受け取れます
不定期ピポ日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました