【服】FACTOTUMのリジットデニム ウィリアム

2019年11月12日

久々にデニムを買いました。元々結構デニムが好きで、FACTOTUMもラウンジリザードもヌーディージーンズも好きだったけど、ここ数年は履いていませんでした。

なんていうか・・僕は仕事は私服なんですが、ここ二、三年くらい「きちっとして見られなくては」みたいな強迫観念があって、なんかデニムってカジュアルになっちゃう気がして履けなかったんです。(実際カジュアルアイテムではあるんですが)

休みの日に履こうと思えば履けたのですが、微妙にサイズが小さめのA.P.C.しかなかったので。ノンストレッチなので履いてて疲れるんですよね。

そして仕事の日は薄めのコットンのチノパンを履くことが多かったです。

ただ、いい加減ポリエステル混じりのコットン素材にも飽きてきたというか・・・

色もベージュやオリーブが多くて、なんだか薄汚れるのが気になるというか・・・

単純に久しぶりにデニム履きたいなと思っただけなんですけどね。

というわけで買ってきましたよ。

シルエットはウィリアムというモデルで、いわゆるスキニータイプになるのかな。

僕はストレートが破滅的に似合わないのでスリムかスキニーかテーパードスリムしか選ばなくなりました。(ストレートが似合わない理由は足が短いことと、履く靴がスニーカーが多いからだと思われます)

最初28インチを履いたらなんとボタンが閉まりませんでした。

マジか・・・

昔は28でもいけたんですがね。さすがに34歳という年齢を感じました。ということで色々履いた結果、サイズは30インチで。

30インチなら思ったより腿の辺りには余裕ができたので、そのままスキニーのウィリアムにしました。腿がきつければテーパードタイプにしようかとも思いましたがゆるすぎてもアレなので。膝周りや太もも付近は履いてるうちに伸びるでしょう。

着用前はこんな感じ

うむ、生だ

個人的には生デニムのこの色合いが好きで、できれば色落ちして欲しくないんですよね。かなり色落ちしたデニムはそれはそれで好きなんですが、途中の中途半端な状態のインディゴが好きではないというか・・・

なので、糊は落とさずにこのまま履いていきます。

幸いにもこれから寒くなっていくので、汗を心配しなくていいのがいいですね。夏場のスキニーは汗の染み込みが気になりますからね。できれば2〜3月ぐらいまではNo洗濯で頑張って履きたいところです。どんなに早くても年末かな。醤油をこぼさないようにしないと・・

今まで何回も何回も何回も買ったばかりのデニムに酒をこぼしたりこぼされたり、醤油やソースをこぼしたりしてきました。さすがに学習したわ!もうやらないようにします。

後ろの感じ

特徴的なポケットのロゴも今は紺なんですね。

昔履いてた時は、このポケットの刺繍がオレンジ色でした。あれはあれでカッコ良かったのですが、時代とともにデザインも変わるんですね。

色落ちしてきた時の見え方が楽しみです。

話が逸れますが、生デニムの魅力って、履き始めた時から成長が始まるところなんですよね。他の素材や他の服って着始めた時から劣化が始まって、色が薄くなったり、毛玉ができたりすると思うんですけど、ダメージや色落ちが価値になるのはデニムだけに許された特権のような気がするんですよ。そう思うのは僕だけですかね?

履き方に関する注意点

今回は「スマホをポケットに入れるの禁止」という縛り条件で履きこみをしていきたいと思います。尻部分のダメージと色落ちを考えると「自転車乗車禁止」縛りも追加したいところですが、自転車通勤の僕にとってそれはあまりにも厳しい条件。なのでとりあえずはスマホをポッケに入れないという条件でや履いていきます。結構跡がついちゃうんですよね。

家の鍵に関してはそこまで激しい跡にならないはずなので良しとします。

あと、万が一の時に備えて飲み会の日は着用禁止にします。

そんなとこですかね。まあ、デニムってのはガンガン履いてこそデニムって感じがするのであんまり繊細に扱ってもどうかなとは思うのですが。ちょうどよく育つまでに2年はかかるでしょうし、その時はまた新しいのを買ってもいいかな。

素材は

綿98%

ポリウレタン2%

ですね。ちょうどいいストレッチ具合が期待できます。

個人的にはビヨンビヨン伸びちゃうストレッチは弱そうで怖いんです。

そして、ノンストレッチはさすがに硬すぎる。ちょっとストイックすぎるかなとも思います。さすがに楽したい・・・

まとめ

これから履き込んで、定期的に色の落ち具合なんかも写真で記録していけたらいいなと思っています。また1ヶ月後くらいに記事書きます。