デスストランディング プレイ日記13 なんということだ

何とかマウンテンノットシティに反物質爆弾を納品したサム。だが待ち受けていたのは繋がりなんていらないと突っぱねるスーパー塩対応のロックネだった…

何やら姉であるママーとあまり関係が良くないらしく、ブリッジズとの関係も良くないらしい。

これは何とかしなければということで、ママーの所へ行かなければ。

行きはもうね、フラジャイルジャンプ一択。

遠いわ!

で、近くのセーフハウスまで行ったものの…

「こっからマウンテンノットシティまで行くのか…」

もっと真面目にジップライン建設しておけばよかったと後悔。だがカイラル通信が繋がってる分、今度はバイクで行けばいいかなと。

この安直な考えと、プレイに慣れてきたことこそが、後の悲劇につながるのだよ・・・

中継ステーションまでは順調だった。ガンガンバイクをかっ飛ばしてね。もう、イケイケドンドンですよ。

悲劇はその後に起こった。

リバーストライクごと川に突っ込んでしまったのだ!

流されるママー

助けたくても水深が深くてどうする事もできない。

どうすればいいか分からず、とりあえず基地に戻ろうとすると…

プカァ…

「なんということだ。ママーが死んだ。」

ああああああああぁぁぁ

ということでゲームオーバー

中継基地からのリスタートとなりました。

そんな予感はしてたけどね…

その後は、慎重に山を越えて、無事姉妹を合わせる事に成功した。ふぅ