ダイの大冒険アニメ 14話感想 氷炎将軍フレイザード

スポンサーリンク

14話にしてフレイザードと戦うという展開はペース的には非常にテンポがいいんじゃないかと思っています。元々原作もテンポはいいんですけどね。

さて、今回は原作とセリフが違う場面もありましたが非常に良かったと思います。

12、13話の感想書くの忘れてました。すみません。

スポンサーリンク

信号弾とエイミさん登場

ヒュンケルの後にも先にも今しかないパワープレイにより、マグマの海から脱出したダイたち。(人間三人+大岩を数十メートルぶん投げるというクロコダインもできるかどうか怪しい力技)

ヒュンケルの心配をするマァム。

僕らの世界の一般常識からいうと、マグマって岩石が溶けた超高温物質で、飲み込まれたら人は基本的に助からないはずなんですが、この世界ではちょっとマグマの温度が低いのかもしれませんね。とはいえ、全身の大やけどは避けられないはずですが・・・

信号弾を使えばレオナが気付くかもしれないと提案するバダックさん。幸い気づいたのがエイミさんだから良かったものの、フレイザードが気付いて索敵しに来てたら終わってましたね。

火炎大地斬というこの先ほとんど出番のない技で障害物を破壊するダイ。同時に内部信号弾が引火し、綺麗に階段や天井を避けながら信号弾は打ち上がってしまいます。

そんな時に現れたパプニカの気球。中に載っていたのはパプニカ3賢者のエイミさんだ!全員礼だ!!

おそらくは、いや間違いなくドラクエ3の女賢者がデザインの元ネタであることはまちがいのないエイミさん。マリン姉さんもそうですが、戦時中としてはありえないほどの露出度で、ポップが鼻の下を伸ばすのも致し方ないかと思います。

むしろポップより、パプニカの兵士などの同僚は大変だろうなと思います。

だって考えてみてください、そこそこ可愛い同僚(上司)があんなスカートをひらひらさせながら仕事してるなんて集中できませんよ。

で、気球に乗ってバルジの塔へ向かうわけです。のちにクロコダインのおっさんが修行するバルジの大渦を超えて・・・

道中レオナがおしとやかかどうかについての話になりますが、マァムより性格がキツイというダイ。(悪気はないんでしょうが、この辺さらっと言うダイと、明らかに不満そうなマァムがちょっと面白い。)まあ、格闘少女系の女の子は感情のアップダウンが激しく、優しい時とキツイ時のギャップが激しいですからね。蘭姉ちゃんとかもそうなので。

この時に原作だと「マァムよりキツイってそれ女なのか?」っていうセリフでしたが、ここは差別発言に当たるのか、変えられてましたね。

バルジの塔にて

バルジの塔では兵士三人が食料をめぐってもめていた。ていうかロモスの兵士もパプニカの兵士もだいたい声優さん同じなんだよね。いつもお疲れさまです。

パプニカ王国っていうのは大臣もそうだが、一部の人間以外の人間性が低いよなあ・・・

まあ、ここはレオナのカリスマ性と統率力を強調するためのエピソードなんですが。

そんなレオナのカリスマ性と統率力を賞賛しながら登場するフレイザード。我らが氷炎将軍が来たぞ!!てかここ最上階だぞ!! ノブナガさんみたいな登場しやがって・・

というより、さっきの食料をめぐっての争いをフレイザードさんは物陰に隠れてちゃんと聞いていたということなんでしょう。壁に張り付いて聞いていたのか、天井裏で耳を澄ましていたのか・・なんて空気が読める男なんでしょう。そしてあんなに目立つ・・・カモフラージュ率0%のなりで気づかれずにバルジの塔に潜入したソリッドスネークも真っ青のスニーキングミッションをこなしたフレイザードさん。さあ、バトル開始だ!!

アポロ

とりあえずモブ兵士たちは噛ませなので、すぐにやられますね。今はクロコダインさんがいないからしょうがないね。フレイザード相手に単純殴打による物理攻撃でKOされたのは不幸中の幸いというやつでしょう。火だるま氷漬けは日常茶飯事なのがフレイザードさんだからな。

フバーハや冷静な解説で賢者っぷりをいかんなく発揮する賢者アポロ。そこでフレイザードさんはあの技を繰り出すわけですね。

そう、みんな大好きフィンガーフレアボムズですね。

いや、メラゾーマ5発同時発射はまじエグいでしょ。

ドラクエでのメラゾーマって180位のダメージでしょ、この5倍って900だよ。ベギラゴンで100位だよ。

個人的にはメラゾーマ5発をアポロのち◯ぽに全弾命中させて欲しかった。

フレイザードみたいな残虐な戦闘狂タイプのキャラクターが登場する時って、理論知性派のキャラクターが無残にやられる展開が多い気がするんですが、どうせならアポロをもっと悶絶させて欲しかった。アポロに何の恨みがあるのかって?いや、あんな美人たちに囲まれながら賢者やってるなんて誰が許せる?あいつはちんぽ騎士団だ。まちがいない。

そしていよいよマリン姉さんの顔面が・・・

ここまでじゃないけど、こんな感じになるはずが・・・ここはカット!!ポイ捨てでおわり!!

この辺りの名言もカット!!

やはり「女の」とか「男と女」とかそういう表現は禁止用語なのかもしれませんね。今時の倫理に準じて話をフレイザードさんは丸くなったなあ。どうせならアニメオリジナルでセリフ追加してほしかったなあ。フレイザードの氷面というか、冷静な一面が見たいんですよね。全体的に炎面が強いので・・・

こういうこと言ってほしいなあ。

そんな感じでレオナ大ピンチの時にダイが登場して今回は終わりですね。

ダイの大冒険徹底考察

貴重なお時間いただきありがとうございます。是非シェアしてください!
スポンサーリンク
考察白書

コメント

タイトルとURLをコピーしました