ピポ日記34 鬼滅アニメをテレビで見た感想 CBDオイルを買った話 

スポンサーリンク
不定期ピポ日記

鬼滅アニメをテレビで見た感想

先日鬼滅の刃のアニメ版がテレビでやっていたので見てみました。原作は読んでいるのですが、アニメ版の評判がいい作品ですからね。

ダイの大冒険の感想でも書きましたが、非常に絵が綺麗ですね。背景や演出がとても凝っていて、とても良かったです。

原作の時はあまり感じなかったけど、アニメ版になると思うところがあったので、何点か挙げてみようかなと思います。

とにかく登場人物たちがマイペースですね。なんというか、読者と同じ目線でリアクションをとるのって主人公の炭治郎だけなんじゃないかと思うくらいにはみんなマイペース。その辺りが僕があまりこの作品にはまらなかった要因なのかもしれません。特にメインの仲間の二人がマイペースですからね。

作中の鬼殺隊員は敵の能力を説明するために出てきているんじゃないかと思うくらいに扱いがひどいんですね。受けているダメージもかなり深刻で、個人的にはあまりなりたくないようなひどい状態になっている隊員もいました。みんなそこそこ訓練を受けた隊員じゃないのかな。

敵味方にかかわらず、現在の行動理由だとか、その大元になっている思い出とかトラウマみたいなものが回想みたいに描かれるのが割とパターンですよね。これ、どこかで見たことあるなあと思ったら、なんとなく弱虫ペダルを思い出しました。ライバルも味方も、何か過去に辛かったり楽しかったりした出来事があって、それが現在のこだわりや行動の理由につながっているっていう展開ね。これがあると、「こんなことがあったのならしかたないかなあ」みたいな気持ちになってくるから不思議なんですよね。(わからないやつもたまにいますが)

それが敵味方入り乱れて展開されるので、どっちもどっちで仕方のないことなんじゃないかと一瞬迷ったりするんですけど、それをはっきりさせてくれるキャラクターがちょうどよく出てきたりするのが良かったです。

今回の話では、具体的に言うと敵側も敵側でパワハラやDVが横行していて、鬼もいろいろ大変だなあなんて一瞬同情してしまいそうになるのですが、「人を殺したり、食ったりしたらアウト」と明確なルールによって断罪されるっていうシーンがあります。この辺りの割り切りがうまくできてないのが若手の隊員(主人公含む)であり、しっかりラインを引いているのが柱とやばれる上位の隊員なんでしょうね。

柱といえば、漫画版では特になんとも思っていなかった胡蝶さんですが・・アニメ版は声が乗ることによって非常にサイコパスっぽいキャラになってますね。割とマイペースだし、もはや鬼側の方が人間らしいのではないかと思う瞬間が多々ありました。(他の柱も記憶だけたどればマイペースだし、サイコパスっぽいといえばそうかもしれない)

CBDオイルを買った話

しばらく入荷してこなかったCBDレスキューロールオンを買いました

腰や肩のコリが酷いので、CBDオイルを注文しました。メーカーはエリクシノール。

やっと手に入りました。エリクシノールのやつ。講習を受けた直後の記事は以下の記事で確認できます。

ちょっと前にコスメキッチンで購入したらCBDオイルも良かったんですけどね。やはり先駆けとなった商品は良い感じがします。

CBDオイルっていうのはカンナビジオールとかいう成分が含まれていて、筋肉を緩ませてリラックスさせる効果があります。

こめかみに塗ると眼精疲労に効きますし、肩や腕に塗ると肩こりに効果があります。

今は腰の違和感がひどいので、とりあえず肩と腰に塗ってます。目が疲れたらこめかみにも塗ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました