【本】小さな習慣 (目標は、ばかばかしいほど小さくしろ!)

最初手に取ったときはタイトルよりむしろこのカワイイイラストがビジネス書コーナーに置かれているのを見て手に取った。そして内容を見てパラパラ読んだら

「こ、これは・・・」

と思い、購入した。

概要

習慣を身につけよう!系の本で、著者はスティーブン・ガイズ。

大枠のテーマは?

新しい、自分にとってよい習慣を身につけるための方法論が書かれた本。テーマを簡単にまとめると、「目標を小さくしてとにかく継続、そして習慣へ・・・」っていう感じかな。

内容的にはどんなことが?

・習慣を身につけることによるプラスな効果についての解説。

・小さな習慣を身につけるための心構え。

・具体的な行動例。

・実践的なステップの解説。

などです。

具体的な内容

本に書かれている具体例としては、

本を1日2ページ必ず読む。1日2ページという少ない目標なら誰でもできる。そのどんなに少なくても毎日続けていくうちに「本を読む」こと自体が習慣化する。それができるようになったら徐々に読むページを増やしていく。

一日一回の腕立てが、30分の筋トレに発展。たった一回腕立てをすることで、「どうせだからもう一回」「ついでにスクワットもやろう」という意識に発展する。

最低これくらい、という目標を低く設定すると、大抵はそれ以上にこなすもの。目標が低いと行動するまでのハードルがグンと下がるので継続しやすい。

具体例としてはこんな感じでした。

僕が実践した内容

この本にヒントを得て僕が実践した内容を紹介します。

僕はランニングをしたかったのですが、いつも三日坊主で終わっていました。

「仕事で疲れている」

「天気が悪い」

「足の調子が悪い」

などなど、いろんな言い訳をして走るのをやめてしまっていたのです。

ですが、この本を読んで目標のハードルを下げました。どれぐらい下げたかというと、「とりあえず毎日ランニングシューズを履く」まで下げたのです。

効果は抜群でした。走れる服に着替えて、ランニングシューズまで履けば、「少しくらい走ろう」という気分になるんです。距離に関しては考えてませんでした。

毎日少しづつ走ることで、「走ること」自体は定着したので「5分間走る」まで目標を上げました。その5分間だけのランニングは結果的に5分以上走ることにつながり、今では10分くらい走れるようになりました。帰宅後にランニングするという運動習慣は身につきました。あとはこれを継続するだけです。

感想

この本の感想は例がとても具体的でわかりやすく、実践してみたくなる内容だと思いました。

自己成長はいろんな人にとってのテーマだと思いますが、成長に習慣は欠かせないと思います。そんな人にオススメの一冊です。