【中級者を目指すベース本】 1日に3つのフレーズを5分ずつ弾くベースワークアウトブックを使ってみた感想

スポンサーリンク
ベース教則本

ヤマハさんが出している中級者を目指す初心者向けの教本である「1日に3つのフレーズを5分ずつ弾くベースワークアウトブック」を使ってみた感想です。

前半部分は正直瞬間的に弾けるフレーズもあり、1日3フレーズどころではなく、9フレーズくらい弾けてしまう場合もありました。

ですが中盤、弦飛びフレーズやスケール、アルペジオ辺りになってくるとジワジワと難易度が高くなってきます。ここら辺で一日3フレーズ、15分っていうペースになってきますね。

しかし1フレーズ五分でバッチリ完璧に弾けるかと言うとそうでもない。初心者と中級者の違いは「簡単なフレーズを無駄な音を出すことなくしっかり弾けるか」というのが一つのチェックポイントになりそうだと思う。

そういう意味では三フレーズをしっかり完璧に弾くためには1時間くらいかけて練習するか、数日は復習してモノにするかの二択になると思います。

他のフレーズドリル系の本に比べるとフレーズ難易度自体はそんなに高くありません。ですが完璧に弾くとなると難しい。ここは注意して練習に望むべきですね。

運指練習について

基礎的な運指練習に関しては本当に基礎の基礎。ただし結構小指や薬指を使うようなフレーズが多く、これを真面目に続けていくと小指や薬指が鍛えられそうです。小指や薬指は意識的に使わないとつい人差し指や中指ばかりで運指をしがちなのでここは大切にしておきたいところです。

スケール練習について

スケールを使ったフレーズもありますが、tab譜のみですのでスケールの全体像というか、指板上のイメージが湧きづらいです。なのでここは自分でスケールの図を書いてみたりと自分の手を動かすのが大事になってきます。

僕は結構このスケール理論の理解が苦手なので、ここは気長に楽しみながらやっていこうと思いました。ですが中級者を目指すなら基本的なスケールの理解ぐらいはしておきたいところ。スケールの勉強を本格的にやっていくなら別の本の購入も視野に入れておいた方がいいと思いました。

リズムトレーニングについて

裏打ちクリックに合わせてリズムを鍛えるフレーズが紹介されています。ただ、そんなに数は多くないですね。ゴーストノートを使ったリズム練習もありますがあまり数が多くはないので、ゴーストノートを鍛えるなら他で補うか自分で考えるか・・・ってことになりそう。

自分で練習メニューを考えてやってみるのもいいトレーニングになりそうです。ベースはギターなんかに比べると「休符」が多いので、慣れないと譜面を読んだだけではどういうリズムを取ればいいかわからない。そこで自分の作ったフレーズを譜面に起こすことで読譜力も鍛えられます。

スラップ

もちろんスラップフレーズもあります。ですがこの分野に関しては明らかに少なめ。基礎的なテクニックの練習フレーズはあります。スラップ専門書もあるので、スラップを集中的に鍛えたい人はそちらを読んだ方がいいですね。

少し長めのフレーズ

各分野の最後に総まとめの少し長いフレーズがあります。これをマスターすると、簡単なデモンストレーションもできます。少し長めのフレーズをスムーズに弾ききれると中級者感が出てくると思います。初級の特徴として、「あまり音楽に聞こえないフレーズ」「ベースだけでは成り立たないルート弾き」くらいしかできないという特徴があります。ここを抜け出すためには、「音楽として成り立っているフレーズ」を弾けることが必須。そう考えると、こういった少し長めのフレーズは貴重だと思います。

こういうフレーズが弾けないと楽器屋さんで試奏とかできないじゃないですか。

あと少し長めのフレーズを学ぶなら楽器のデモンストレーション動画とかがユーチューブとかに沢山あるのでそういった曲を耳コピするのもいいと思います。

Bacchus Craft Series 24フレット仕様エレキベース WL424DX-ASH 大竹紗英
Bacchus バッカス BJB-450 ALD ジャズベースタイプ 試奏
ヤマハTRBXシリーズ紹介

バッカスさんとかヤマハさんとかの動画が僕は好きですね。音もわかりやすいですし。見まくってると欲しくなってくるのが難点と言えば難点ですが。

まとめ

全体的に運指からスケール、アルペジオ、スラップやリズムトレーニングまで「広く浅く」初級のテクニックを中級に引き上げるノウハウが詰まった一冊ですね。

あえてデメリットを挙げるとすれば、この本に出てくるフレーズを弾けるようになったからといって、すぐにいろんな曲がコピーできたり、即興でフレーズが弾けるようになるわけではない点でしょうか。世の中そんなに上手い話がゴロゴロ転がってはいませんね。

しかしながら、この本のフレーズを1日1日確実にこなすことによって基礎力が上がっていくのは間違いありません。基礎練というものをおろそかにせず、確実に上達していくためには1日15分の3フレーズ習得というのは無理なく続けやすく、かつわかりやすい目安だと思います。

一通りの基礎を身につけた人が中級を目指すのにピッタリの一冊だと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました